東証1部 8423 アクリーティブのリクエスト分析

「昨日芙蓉リースさんからの、TOB(520円)が決定しましたが、昨年の高値850円を目指す可能性はありますかね、教えて下さい。」と、リクエストいただきました。

芙蓉総合リース がTOB(株式公開買い付け)を実施し、連結子会社化を目指すと発表したことが買い材料視されました。

日足チャートをご覧いただきますと、
i%c2%bd%c2%84

75日移動平均線が200日移動平均線を大きく下回った状態で、株価は急騰。上昇の初動ですが、75日移動平均線からのかい離率は27%以上となっており、いったん上昇が止まれば、急騰の売り場を狙う動きも予想されます。急騰銘柄は長く続かない傾向がありますので、来週以降、出来高の急減に要注意です。

週足の一目均衡表チャートを見てみますと、株価は厚い雲の中。
i%c2%bc%c2%b7

雲は抵抗帯とも呼ばれ、過去に売買した投資家の「しこり」を表しています。
雲が厚いときは突き抜けることが困難で、雲をローソク足が突き抜けるには勢いも必要です。信用買い残は減少傾向ですが、依然として信用倍率は13.9倍と高く、上値では戻り売りが台頭してくる可能性が高いように感じます。

昨年の高値850円超えを、今回の材料で超えると判断するのは難しいところです。

カテゴリー: チャート分析   パーマリンク