ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク  kabunotatujinをフォローしましょう  

ボラティリティの見方・使い方

ボラティリティは銘柄の価格変動の大きさを示す変動率です。
価格の変動幅が大きいほどボラティリティが高く、変動幅が小さいほどボラティリティが低くなります。

ボラティリティの見方・使い方

ボラティリティは、価格の変動幅が大きいほど高く、変動幅が小さいほど低くなります

ボラティリティの見方をチャートで解説

ボラティリティの作成方法(計算式)

株価の値動きの大きさを指数化した指標で、主に個別株のデイトレードにおける銘柄選定などに使用します。また5以上であれば比較的その日はボラティリティーが高いといえます。材料などで急騰または急落した銘柄では10以上に上昇します。注意点としてはボラティリティーの数値だけでは株価の方向が判断できない点や、100円以下など株価が低い銘柄では値幅が小さくてもボラティリティーが高くなります。

当日のV(ボラティリティ)=当日のTR/当日のTP ×100


TR(トゥルー・レンジ)
・ 当日高値−当日安値
・ 当日高値−前日終値
・ 前日終値−当日安値
以上のうち値が最大のもの

TP・・・高値・安値・終値の平均

▲ページ先頭へ

無料お試しサービス 無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!
1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
無料お試しサービス詳細・お申込みはこちら
お気軽にお問い合わせくださいお気軽にお問い合わせください株式会社ストック・データバンク
指標の見方・使い方についてや、チャート分析ソフト「株の達人」について、お気軽にお問い合わせください! 電話:03-3204-3727(受付・平日9:00〜18:30土日祝休み)

FAX FAX:03-3204-3691 メール メール:staff@kabutatu.info
出来高指標
サイクル分析指標
◆テクニカル分析指標:目次  ◆需給指標:目次  ◆業績(財務業績の見方):目次  ◆市場分析指数:目次  ◆指標名別インデックス
投資のノウハウ必読コンテンツ
買い時・売り時必勝パターン
チャート分析のための指標の見方・使い方