1/6 ドル円が重しに

本日は、昨日同様、為替(ドル円)が重しとなり、225先物は前日比で下落して終えました。また今晩は今年初めての米国雇用統計もあり、加えて日本市場は3連休にもなるため、手仕舞い売りもあったと思われます。

それでは本日もドル円と225先物のチャートを比較して見てみましょう。

本日は懸念していたように、ドル円が25日移動平均線を割込み、チャートの形崩れかけています。最終的には116円台に乗せてはいますが、米国債の利回りがピークを付けてから下落しはじめいるため、ドル売り円買い傾向が強まってきています。

ただし、現状では安値が115円の節目価格で止まりましたので、再び25日移動平均線を超えて安定すれば、ひとまずは値が崩れる懸念は和らぎます。

また225先物に関しては、・・・

続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービスをご利用の方もご覧いただけますので、ぜひ、お申し込みください!

カテゴリー: 日経225先物のチャート分析   パーマリンク