1/10 軟調な動き

本日の225先物では、ドル円が115円台半ばまで下落したこともあり、前日比では下落して終えました。またNYダウも史上最高値の大台20000ドルまで、あと1ドルというところまで迫っていましたが、やや値を下げており、節目の売り圧力は大きく横ばい状態となっています。

それでは、早速日足を見てみましょう。

本日の下落では、先週に引いていいたトレンドライン上で株価が下げ止まっているのがわかります。このラインを株価が割込みますと、上昇トレンドが崩れる可能性が出てきますが、トレンドラインは抵抗線としても作用しますので、ここで株価が反発するかが重要な確認ポイントとなります。
また現状では・・・

続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービスをご利用の方もご覧いただけますので、ぜひ、お申し込みください!

カテゴリー: 日経225先物のチャート分析   パーマリンク