株価の波動が直感でわかるGMMA【動画解説】

今週の日経平均株価は大台14,000を付けた後は、やや動きが鈍くなっています。為替も同じく大台100円を意識しながら、小幅な動きが続いています。

本日は株の達人の売買方法のテクニックとして究極のトレンド指標とも言われるGMMAについて解説いたします。

GMMは赤と青の2つの帯により、株価の動きを捉えていきます。短期勢力と長期勢力の2つの勢いを見てトレンド判断し、青の短期の帯でタイミングを判断していきます。

またGMMAは波動がはっきりとわかるので視覚的に捉えやすいのが特徴です。長期のGMMA(赤)よりも短期のGMMA(青)が上にある状態で、GMMAが収縮して拡大するところが上昇のタイミングです。上昇トレンドの波動の波を簡単に捉えることができます。

今回は動画でGMMAの基本的な見方を解説致しました。ぜひ合わせてご覧ください。チャートはご自身が使いやすいものを選ぶのが最も大切です。当たる外れるではなく使いやすい、見やすいと感じるもの、まずは株の達人の中からそれをみつけましょう。

カテゴリー: テクニカル指標, GMMA(平滑移動平均線) パーマリンク