陰陽足がピンクに転換した買い銘柄を見つける方法(動画解説)

今週の日経平均株価は13,000円を境に上下の動きを繰り返しています。日足ベースで判断するには値固めの動きとも判断できます。現在の個別銘柄はトレンドが崩れた銘柄と、押し目買いのタイミングになった銘柄とで分かれているといえます。

75日移動平均線を割り込むなど、トレンドが崩れた銘柄は下落しやすく、トレンドをキープしている銘柄は、押し目買いの形を作っています。

今回は押し目買いの売買パターンとして株の達人のオリジナルチャートであるピンクとブルーの陰陽足を使って買い場の銘柄を見つける方法を解説致します。

株の達人でお勧めしている陰陽足は色の転換点を判断するだけで簡単に売買タイミングを掴むことができます。ローソク足だけでは判断しきれない売買タイミングを陰陽足は色で簡単に掴むことができます。

実際のチャートを見てみましょう。

過去のチャート見ていただいているとおり、陰陽足の色の転換点で判断していただければ、売買のタイミングが明確にわかります。

陰陽足の特徴はローソク足では株価が上下していますが、陰陽足ではピンクならピンクの足の色が連続します。そのため株価の細かな上下に振り回されることなく方向が明確になり、迷いがなく判断することができます。

今回は、株の達人Ver7のマルチチャートを使って、陰陽足の色が転換した銘柄を見つけ出す方法を動画で解説しています。本日買いポイントになっている銘柄を見つけていただければと思います。

陰陽足の色が転換した買い銘柄を見つける方法。
 

カテゴリー: テクニカル指標, 陰陽足 パーマリンク