【臨時チャート解説】日経平均株価に上昇転換の兆し

2020年東京オリンピックの開催が決定しました。日経平均株価は先週から先取りした形で上昇していましたが、9/8の決定によって本格的な上昇転換といえます。テクニカル的な視点から見ても、これまでの三角保ち合いを上抜けて、5月の暴落からのしこりを上抜けた形となっています。

今回は東京オリピックの開催決定によって変わった日経平均株価の動きをテクニカルな視点から解説致しました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: その他 |

【動画解説】ボリンジャーバンドを使った買い銘柄の見分け方

今週の日経平均株価はオリンピックの期待を先行した形で、大台14,000円を超えて上昇しました。個別銘柄では方向感が掴みにくい難しい局面になってきています。短期的には一時的に上昇しているように見えますが、日経平均の大きなトレンドから言えば、三角保ち合いから抜け出せていませんので、イベントが終了するまでの様子見期間ともいえます。

今回は、個人投資家にも人気のあるボリンジャーバンドの見方と、上昇する銘柄の見分け方を動画で解説しました。

ボリンジャーバンドには見方が2つあります。バンドに収まる確率を利用した逆張りの方法と、バンドが拡大傾向にあるときのトレンドに乗る方法です。どちらが良いのかというわけではありませんが、比較的に傾向が強く出るのが、バンドウォークと呼ばれる株価がバンドの上を歩いて登っていくように見える上昇パターンです。

この状態になっている銘柄を見つけられれば、うまく上昇トレンドの波にのることができます。

 

 

今回は、ボリンジャーバンドを使った動画解説をしています。一見難しそうに見えるボリンジャーバンドもコツを掴めば、上昇しやすい銘柄も簡単に見つけることが出来ます。ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, ボリンジャーバンド |

【動画解説】今がチャンス!押し目買いの銘柄選びとタイミング

日経平均株価は下落からのあや戻しによって多少なりとも反発しましたが、短期的な下落基調に変わりはありません。市場全体の上値が重い中では銘柄選びとタイミングに迷われる方も多いと思います。

本日は、最近の日経平均株価の動きとは違い上昇トレンドにある銘柄の中から、一時的に全体につられて安くなっている押し目買い銘柄の探し方とタイミングのポイントを見て行きましょう。上昇トレンド押し目買いとは、株価が基調にある中での一時的に売られて割安になっている銘柄を見つけてエントリーすることです。

上昇トレンドの銘柄の特徴は「上昇のN字」の動きをすることです。押し目買いとは上昇トレンドにあるのが大前提にあり、その動きの中の下落を掴んでエントリーします。

イメージとしては以下のようになります。


つまり現在のチャートでこのような動きを示しているチャートを見つけ出して、タイミングを見ていく必要があります。本日の動画ではこのようなチャートパターンの銘柄の見つけ方と、タイミングの取り方を動画で解説しました。

カテゴリー: 押し目買い |