急騰する銘柄を見つける!超スクリーニング機能!!

日経平均株価は再び高値を更新し続伸中です。ドル円も大台の100円間近となっています。

本日は株の達人の銘柄選択の様々なパターンを見てみましょう。株の達人の銘柄選択はピンポイントで銘柄を選び出す機能が揃っています。銘柄を選び出すパターンも難しい条件設定も必要なく、項目を選ぶだけで簡単にスクリーニングをすることができます。

今回はお勧めのパターンでもある出来高急増注目銘柄の検索条件を見てみましょう。株価が動意付く時は、必ずといっていいほどに出来高が急増します。この増加は、これまでの出来高よりも何倍にも増えます。そういった銘柄を選びだせば、上昇の初動に乗ることができます。

まずは銘柄を見てみましょう。過去の出来高急増で選び出された銘柄です。

出来高が急増しながら上昇し、これまで収斂していた株価の高値を超えて上昇する時は、急騰する前兆です。短期的な急騰ですので株価の上下の幅があるので注意がひつようとなりますが、短期間で大きな利幅を狙うことが可能となります。

 

株の達人の銘柄選択は、こういった上昇初動の銘柄を一発で検索することができます。操作方法も簡単です。

 

株の達人のスクリーニング機能は、ピンポイントで的確に銘柄を選び出します。買える銘柄がないという方にも、毎日チャンスを掴むことができます。株の達人を使って銘柄選びの達人になりましょう!!

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 株の達人の機能のご紹介 |

大相場到来か!?今すぐ買える銘柄の探し方

本日の日経平均株価は日銀のあまりにも大胆な金融緩和の発表により14:00ごろから大幅上昇しました。マネタリーベースの残高を2年間でおよそ2倍!にするとのことです。先ほどの225先物のナイトセッションではついに13,000円をつけました。

 

本日は株の達人を使った押し目買いの方法です。株の達人を使えば押し目買いのタイミングを簡単に見つけることができます。押し目買いとは、あくまで株価が上昇局面となっているのが前提にあり、上昇途中に起こる一時的な下落によって押し目買いができるわけです。

 

押し目買いはタイミングが難しいと感じる方も多いのでは無いでしょうか?上がると思って買ったら下がってしまい、下げ止まりのタイミングが取りにくいといえます。押し目買いはタイミングがすべてです。そのタイミングを判断するためにテクニカル分析を見なければなりません。基本的には株価が上昇局面にあることと、株価が一時的に下落し下げ止まる可能性の高いポイントが判断出来ればいいのです。

 

このブログでも何度か解説しておりますが、株の達人ではRCIを使います。RCIは大変優れた指標で、株価が下落して下げ止まったタイミングをしっかりと捉えてくれます。

 

またRCIは-100%~+100%で推移し、押し目の買い場は-50%を下回ってからです。RCIが-50%を超えている間は、まだ下げ止まったとは判断出来ません。RCIの売買方法では-50%以下で反発したところを狙います。またどの銘柄も反発を狙って良いわけではありません。より上昇のタイミングを掴むにはトレンドによる裏付けが必要です。

 

それではチャートで見てみましょう。

株の達人のマルチチャートではRCIが-50%になり、反発すると買いサインが点灯します。テクニカル分析に詳しくなくとも買いタイミングが簡単にわかるのが特徴です。

こちらの銘柄もそうですが、上昇トレンドの状態にあるのを必ず確認します。間違っても下降トレンドにある銘柄で売買してはいけません。押し目買いは上昇途中の一時的な下落で買う方法です。

 

今の全体相場では押し目買いのタイミングになりつつある銘柄がすぐに見つかります。また株の達人の銘柄選択を使えば簡単に銘柄を見つけることができます。

 

例えばこんな銘柄を見つけることができます!!今日押し目の買い銘柄です。

※銘柄名は出しておりませんので、ぜひ株の達人Ver7の銘柄選択でやってみましょう!!

 

ぜひ株の達人を使って上昇相場に乗りましょう!!

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング) |

買いタイミングをしっかりとアシストします。

今週の日経平均株価は、高値での保ち合い状態で方向感が掴みにくい週でもありました。高値で仕掛けづらいが、現状ではなかなか下落しないというのが、今の相場つきです。

 

さて本日は以前からご紹介しているパラボリックの買いポイントを見てみましょう。パラボリックは短期スイングトレードの向きのテクニカル指標です。その独特の放射線状のラインで波動の転換点を捉えることができます。

 

パラボリックの最もよいところは、転換点が明確で、トレンドさえ出ていれば常にチャンスが狙えるということです。見方も比較的に簡単でローソク足の上下にあるSARというラインで株価の動きを追っていきます。パラボリックのこのライン(SAR)を株価が上抜けると買い、下抜けると売りのシグナルとなります。

 

株価のスイングトレードで最も多いお悩みとして、売買タイミングがわからないというものがありますが、パラボリックは最適な指標といえます。

チャートで見てみましょう。

 

こちらは丸八証券(8700)のチャートですが、パラボリックの転換点が明確に波動を捉えています。パラボリックは上昇局面と調整局面との転換点が明確にわかります。ローソク足だけではわからない、株価の流れを掴むことができます。またマルチチャートの売買サインを使うことでチャート上にパラボリックの売買サインを表示できるため、視覚的にも売買判断をアシストしてくれます。

 

表示方法も簡単です。マルチチャートの画面左上の表示ボタンから、表示状態標準条件の19番を選ぶだけです。

 

パラボリックの買い銘柄を見つけるには、株の達人の銘柄選択を使って選び出すことができます。選択条件もあらかじめ用意されている条件からクリックするだけです。

この上昇相場に乗るには最適なタイミングを知り、またしっかりとアシストしてくれるものが必要です。株の達人マルチチャートを使えば、テクニカル分析を知らなくとも、自分では判断できないポイントをしっかりと教えてくれます。

 

 

 

カテゴリー: チャートの見方(売買タイミング) |