株の達人の有望銘柄で手堅い上昇銘柄を見つける!!!

今週の日経平均株価はFOMCの発表などを控えて、動きが乏しい局面ではありましたが、本日はアメリカの金融緩和継続の発表もあり上昇しました。為替(ドル円)はドル売り基調によって大台100円を超えられずにいますので、今後は為替と日経平均の連動性も崩れてくる可能性があります。

さて本日は株の達人を使った銘柄探しの1つとして基調別の「有望銘柄」を見ていきましょう。株の達人では銘柄を簡単に選んでいただけるような機能が揃っています。その中でも有望銘柄は中期的な観点から上昇する可能性のある銘柄を登録しています。

選び出している基準として、上昇トレンドにあること、財務業績面からも優れていることなどを中心に銘柄を選び出しています。短期売買の場合はチャートのタイミングだけで売買する必要がありますが、中期的な売買となりますと、業績面からも判断する必要があります。

今回は株の達人の有望銘柄の特徴を動画で解説しました。ぜひご覧ください!!

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), テーマ別分類, 株の達人の機能のご紹介 |

【動画解説】短期スイングトレードの売買ポイント

今週の日経平均株価は東京オリンピックの決定によって、三角保ち合いを上抜けて上昇転換した動きとなりました。市場はオリンピック関連の銘柄に買いが殺到し、建設、スポーツ用品、広告、旅行、ホテルなど幅広く買いが入りました。

本日は短期スイングトレードの売買ポイントを動画で解説しました。スイングトレードとは持ち越しをしながら短期間で売買してく方法です。早ければ数日、長くでも数週間以内で手仕舞いをします。株価の上下の動きを利用して、利益を取っていくので、チャートの見方が重要となります。

またスイングトレードの中でも2日から3日程度で売買していく短期スイングトレードでは、チャートでトレンドや目先の方向を確認して、上昇しやすい状態にある銘柄を狙っていく必要があります。

また目先の方向は株の達人の陰陽足を使って確認します。その時の売買のポイントは陰陽足がピンクで連続している状態にある中でも、ローソク足では日々上下しているということです。その上下の動きの中からタイミングを見ていきます。

本日は短期スイングトレードの売買ポイントと考え方について、株の達人のピンクとブルーのチャート、陰陽足を使った見方を動画で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: スイング |

【臨時チャート解説】日経平均株価に上昇転換の兆し

2020年東京オリンピックの開催が決定しました。日経平均株価は先週から先取りした形で上昇していましたが、9/8の決定によって本格的な上昇転換といえます。テクニカル的な視点から見ても、これまでの三角保ち合いを上抜けて、5月の暴落からのしこりを上抜けた形となっています。

今回は東京オリピックの開催決定によって変わった日経平均株価の動きをテクニカルな視点から解説致しました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: その他 |