チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 日経平均株価の動き(無料版)

日経平均株価の動き(無料版)

このコーナーでは、会員サイトで毎週末掲載している「日経平均株価の動き」を、翌週無料で掲載しているものです。
株の達人をお使いの方は会員サイトにて最新版をご覧ください。(お試し中の方もご覧いただけます)

(2021年7月21日に株の達人で掲載されたものです。)
オリンピック開催を迎えました。コロナ感染は急拡大しています。オリンピック対策はイコール、コロナ対策となりそうです。こういう状況下で、日本に来てベストで戦わなければならない選手は、大変な苦労だと思われます。テレビ観戦しかできない事は残念ですが、家でオリンピックを見るのもコロナ対策への協力と言えます。

7月の下落を見ていると、オリンピックの終了後には、いよいよ大きな買い場が来そうな下げ方となっています。ある意味、楽しみな下げ方と言えるでしょう。投資は買い場が待てるかどうかが重要なポイントです。グランビル氏の格言では「投資はタイミングが全て」と言っています。

昨年からの相場の流れを振り返ると、昨年3月16000円から今年2月に30700円まで、1年かけて約2倍に値上がりしました。この高値から約半年経ち、押し目形成の時期を迎えようとしています。需給整理と重なる買い場のため、8月の上昇はワンチャンスと見ています。また本格上昇は10月以降と見ています。

この様に相場には上昇サイクルがあります。底値で買い、上昇サイクルに乗れば持っているだけで利益が乗ってくる。黒潮に乗ってくるカツオの様に漁師さんに利益をもたらす。黒潮が来ないときに漁に出ても魚は取れない。下降局面で投資しても成功しにくい事に似ています。

この下げ局面で、どれだけ需給改善が進むのかが観察ポイントと言えます。株は需給改善した銘柄から上昇が始まります。オリンピック観戦しながら、買えそうな銘柄探しをチェックして頂きたい。8月ワンチャンス銘柄、今年の秋以降の上昇局面で仕込む銘柄と二刀流(オオタニさん投資)で分類して頂きたい。

テクニカル分析では大幅に下落した銘柄、上昇基調を維持し、下げなかった銘柄と極端に分類されます。ファンダメンタルでは2ケタ増収増益銘柄、1ケタ増収増益銘柄で上方修正が期待できる銘柄(成長株)が分類対象と考えます。下げた局面が買いのチャンスと見ています。

7月4週の東証1部銘柄(2206銘柄)の6ヶ月移動平均線上回る銘柄数は、1000銘柄以下に減少し、下降転換と判断する数値です。月末まで維持できるかがカギです。2020年10月末1011銘柄(225種82)→11月末1382銘柄(225種161)→12月末1441銘柄(225種180)→2021年1月末1407銘柄(225種195)→2月末1470銘柄(225種206)→3月末1760銘柄(225種207)→4月末1352銘柄(225種171)→5月末1094銘柄(225種156)→6月末1224銘柄(225種159)→7月(1)1006銘柄(225種112)→7月(8)891銘柄(225種91)→7月(15)1058銘柄(225種102)→7月(20)812銘柄(225種64)大きく減少した。買い場形成に向かう。8月に向けた観察ポイントです。

7月4週の「107」マザーズ市場(374銘柄)で75日移動平均線上回る銘柄数は、再び減少に転ずる。2020年10月末126銘柄→11月末111銘柄→12月末69銘柄→2021年1月末120銘柄→2月末153銘柄→3月末185銘柄→4月末108銘柄→5月末114銘柄→6月末109銘柄→7月(2)129銘柄→7月(9)103銘柄→7月(16)103銘柄→7月(21)88銘柄と減少する。切り返せるか。8月に向けた観察ポイントです。

7月4週の「105」JASDAQ市場(701銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数も減少に転ずる。2020年10月末277銘柄→11月末324銘柄→12月末328銘柄→2021年1月末424銘柄→2月末452銘柄→3月末467銘柄→4月末307銘柄→5月末305銘柄→6月末311銘柄→7月(2)331銘柄→7月(9)286銘柄→7月(16)320銘柄→7月(21)272銘柄と減少する。回復に戻せるか。8月に向けた観察ポイントです。

7月4週の東証2部銘柄(472銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数も減少する。2020年10月末228銘柄→11月末249銘柄→12月末241銘柄→2021年1月末298銘柄→2月末334銘柄→3月末342銘柄→4月末249銘柄→5月末202銘柄→6月末227銘柄→7月(2)225銘柄→7月(9)196銘柄→7月(16)234銘柄→7月(21)202銘柄と減少する。回復に戻せるか。8月に向けた観察ポイントです。

7月4週の東証1部銘柄(2206銘柄)の75日移動平均線上回る銘柄数も減少する。2020年10月末809銘柄(225種56)→11月末1136銘柄(225種136)→12月末1172銘柄(225種176)→2021年1月末1302銘柄(225種177)→2月末1342銘柄(225種194)→3月末1562銘柄(225種184)→4月末799銘柄(225種105)→5月末717銘柄(225種110)→6月末923銘柄(225種127)→7月(2)938銘柄(225種104)→7月(9)716銘柄(225種66)→7月(16)931銘柄(225種72)→7月(21)804銘柄(225種47)と減少傾向続く。オリンピック中戻せるか。8月に向けた観察ポイントです。

<NYダウ NASADAQ指数 日足チャート>

「801」NYダウは下げ幅を大きくしましたが、切り替えも大きく、上昇基調は維持しています。75日移動平均線を下回る下げ幅となりましたが、25日移動平均線を上回る切り返しとなりました。引き続き、長期上昇の中での調整と見てください。チャート的に、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線の順に、強い上昇基調は崩れていません。トレンド&基調が崩れない状態は上昇基調です。8月に向けた観察ポイントです。

「803」NASDAQ指数は25日移動平均線を下回る下落も、すぐ25日移動平均線を上回る切り返しとなりました。これだけ長く上昇基調を維持しているので、少しの下げはトレンドの範囲内です。引き続き、トレンドと基調で判断していきます。チャート的に、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線の順に強い上昇基調を維持しています。トレンド&基調が崩れない状態は上昇は続くでしょう。8月に向けた観察ポイントです。

NYダウ NASADAQ指数 日足チャート

<ドル円 日足チャート>

今週は株安につられて、75日移動平均線を下回る円高に下振れしました。日足チャートでは、75日ボリンジャーバンド(中心線)を下回りました。-1Σ(109円)は上回っているので、再度、75日ボリンジャーバンド(中心線)を上回ってきた動きを見ても、円安基調は維持すると見る事が出来ます。今週の動きから、株安に振れたとき円高に振れる心配はあります。

今週は75日ボリンジャーバンド(中心線・109円)を下回りました。チャートでは、75日移動平均線(中心線・下値支持線)を下回る円高へ下振れしました。75日ボリンジャーバンド-1Σは上回っているので、円安に戻す可能性は残しています。オリンピック中、円高へ下振れする不安は残っています。8月に向けた観察ポイントです。



ドル円 日足チャート

<JASDAQ指数&マザーズ指数>

<JASDAQ指数 日足チャート>

「105」JASDAQ指数は、高値更新から25日移動平均線を下回ってきましたが、強い上昇基調は維持しています。NASDAQ指数の動きに似ています。今週の日経平均の下落の影響は、小さくシッカリしていると言えます。強い時は下がれば買われる。引き続き、25日から75日移動平均線を上回る状態は、上昇基調を維持します。75日移動平均線を下回る下げは買い場になります。8月に向けた観察ポイントです。

<東証マザーズ指数 日足チャート>

引き続き、対照的に「107」マザーズ指数は、200日移動平均線(上値抵抗線)から75日移動平均線を上回れず反落し、調整局面が続いています。75日から200日移動平均線を上回ってこれなければ、上昇基調に戻せません。引き続き、75日から200日移動平均線を上回る上昇基調に戻せるか。こちらも大幅に下げたら買い場になります。8月に向けた観察ポイントです。

JASDAQ指数&東証マザーズ指数チャート

<日経平均 月足チャート>

月足チャートでは、7月の陰線幅(-1300円)は大きくなり、5月の下ヒゲ安値(27385円)を下回りました。8月に向け、ワンチャンスの買い場が近づいています。上昇局面では、下げなければ買い場にならないでしょう。6ヶ月移動平均線は、12ヶ月移動平均線を上回っている上昇基調です。当面は12ヶ月移動平均線(27000円)が下値支持線です。下回ると24ヶ月移動平均線(下値支持線・24500円)を下値メドと見てください。

7月2週に週間で-500円以上(-843円)下落し、下降転換の下げ幅となりました。今週も週間で-500円以上下落しています。週間で-500円以上下落すると、週間で+500円以上値上がりしなければ、反転しないため下げが続きます。この下げは、週間で+500円以上の値上がりするまで続くと見ます。8月に向けた観察ポイントです。

日経平均 月足チャート

<日経平均 日足チャート>

今週は、日足チャートでは、200日移動平均線を下回ってきました。調整色が強まってきた動きと言えます。また週間で-450円以上下落しており、まだ下げ相場は続くと見る状況です。200日移動平均線を下回ってきたことから、さらに下がれば買い場が近づいているとも言えますが、投げ売りが出尽くすまで反発はしません。

チャート的には、まず200日移動平均線を上回る回復が無ければ、下げ止まり確認はできません。また週間で+500円以上値上がりしなければ、下げ止まったと言えません。また22日総売買代金平均線が増加に切り返すか。オリンピックが終わるまで、しばらく様子見相場は続くと見ています。オリンピック後の買い場を待ちたい。8月に向けた観察ポイントです。

日経平均 日足チャート
コロナ感染者は爆発的に増加するのか。オリンピック開催中はコロナ対策で動けないか。NYダウの上昇は続くか。世界はどう動く。


★日経平均株価の動きを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→日経平均株価の動きと銘柄選び(株の達人・動画解説)

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ