チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 日経平均株価の動き(無料版)

日経平均株価の動き(無料版)

このコーナーでは、会員サイトで毎週末掲載している「日経平均株価の動き」を、翌週無料で掲載しているものです。
株の達人をお使いの方は会員サイトにて最新版をご覧ください。(お試し中の方もご覧いただけます)

(2021年9月10日に株の達人で掲載されたものです。)
9月コールオプション(29750)が1円→555円まで跳ね上がりました。アベノミクス以来の550倍の上げ幅となりました。次期首相の経済対策への期待の大きさが伝わってきます。立憲民主党は、菅総理の方が衆院選は戦いやすいと思っていたから動かなかった。急に不出馬を発表され、慌てて立憲民主党独自のコロナ対策、景気対策を発表しました。また現金給付などの政策では、この程度かで終わってしまう。自民総裁の景気対策に期待が集まれば、次期衆院選は逆風となるでしょう。その裏返しに、自民党の次の総裁のコロナ対策、景気政策が期待され、株価は大きく先買いされています。

思っていた以上のスビードで3万円に乗せました。もう2月高値3万700円は、早くも射程圏内と言えます。株価が上がる事は、現在が不景気でも、先々景気対策がされるか、景気が良くなる事を先取りしている動きです。目先が割高に感じても、株価は景気に対して先行して上げる性質から、悪い時期から上がります。相場は半導体から動くが、現在は半導体不足が言われている事は、先々に多くの需要があるからであり、不足状態が続く間は相場は強いと言えるでしょう。

誰が首相になるのか?どんな経済対策を打ち上げるのか?あまり経済対策が得意ではない方が首相になれば、失望売りが出ないとも言えないでしょう。次の衆議院選挙を勝てる首相を選ぶのだから、経済対策もセットになると考えられます。勝てる首相が選出されれば、鉄は熱い内に打ての格言から、コロナ感染が弱まれば、早い段階に始まる可能性はあるでしょう。

衆議院選挙になれば、野党、与党どちらが優勢かによって株価は反応します。野党も経済政策を出さなければ、選挙戦に勝てません。どちらが現実的な政策を打ち出せるかによって争われるが、もともと野党は議員数は減らしたくない。でも政権は担いたくない。と言う行動しか取っていない。次の首相の政策により、株価は大きく動くと見るところでしょう。

9月スタートから、6ヶ月移動平均線を上回る銘柄数(東証1部)は、半数(1280・225種118)を上回って始まりました。9月は上昇転換で始まったと言えます。今週も大幅な増加は続き、強い上昇が続いている事が銘柄数からも伝わってきます。相場スタートに欠かせない、半導体関連株の上昇も大きく牽引しています。半導体関連株の上昇が続いている間は、相場全体は強い上昇が続くと見てください。

個別株では、半導体関連株の様に強い上昇を維持している銘柄、好業績で上昇基調の銘柄か、底値で立ち上がり始めた株か、下げ相場から下げ止まった株など、上昇局面では銘柄選びの選択肢が豊富になります。この様な上昇局面は、株の経験、知識が無くても、とりあえず買えば上がる局面になります。ビギナーズラックの成功も多いところです。

今年2月3万700円を付けてから、株を買っていた方の中に、負け続けた方も少ないない。現在の様な上がる局面では、何を買っても勝つと思います。株は銘柄選びとタイミングと言えます。米国テクニカル分析家のグランビル氏は、株はタイミングが全てだ!!で市場分析を締めくくった。いまの上昇局面の様に、買う時期を間違えなければ、株はカンタンに勝つ。と言いたかったことでしょう。

9月2週の東証1部銘柄(2204銘柄)の6ヶ月移動平均線上回る銘柄数は半数を上回り、強い上昇転換は続いている。2021年1月末1407銘柄(225種195)→2月末1470銘柄(225種206)→3月末1760銘柄(225種207)→4月末1352銘柄(225種171)→5月末1094銘柄(225種156)→6月末1224銘柄(225種159)→7月末941銘柄(225種69)→8月末1072銘柄(225種92)→9月(2)1252銘柄(225種118)→9月(9)1287銘柄(225種171)と強い上昇転換は続いている。上昇は強まる動き。9月の観察ポイントです。

9月2週の「107」マザーズ市場(382銘柄)で75日移動平均線上回る銘柄数は、大幅に増加に転換する。2021年1月末120銘柄→2月末153銘柄→3月末185銘柄→4月末108銘柄→5月末114銘柄→6月末109銘柄→7月末81銘柄→8月末125銘柄→9月(3)114銘柄→9月(10)158銘柄と大幅に増加した。底入れから強い上昇転換の動き。9月の観察ポイントです。

9月2週の「105」JASDAQ市場(695銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数も増加は続き、上昇を強めている。2021年1月末424銘柄→2月末452銘柄→3月末467銘柄→4月末307銘柄→5月末305銘柄→6月末311銘柄→7月末254銘柄→8月末272銘柄→9月(3)284銘柄→9月(10)317銘柄と増加は続き上昇を強めている。さらに上昇を強めるか。9月の観察ポイントです。

9月2週の東証2部銘柄(470銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数も増加は続き上昇を強めている。2021年1月末298銘柄→2月末334銘柄→3月末342銘柄→4月末249銘柄→5月末202銘柄→6月末227銘柄→7月末201銘柄→8月末190銘柄→9月(3)194銘柄→9月(10)224銘柄と増加は続き上昇を強めている。さらに上昇を強める動き。9月の観察ポイントです。

9月2週の東証1部銘柄(2204銘柄)の75日移動平均線上回る銘柄数も大幅増加続く。2021年1月末1302銘柄(225種177)→2月末1342銘柄(225種194)→3月末1562銘柄(225種184)→4月末799銘柄(225種105)→5月末717銘柄(225種110)→6月末923銘柄(225種127)→7月末829銘柄(225種52)→8月末1143銘柄(225種91)→9月(3)1382銘柄(225種137)→9月(10)1696銘柄(225種162)と大幅増加続く。さらに上昇を強める動き。9月の観察ポイントです。

<NYダウ NASADAQ指数 日足チャート>

「801」NYダウは3万5000ドルを下回ったが、高値圏を維持しています。引き続き、年末のダウの強気予想は続いています。引き続き、チャート的に、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線の順に強い上昇基調を維持しています。トレンド&基調を維持している状態は、上昇基調・高値更新相場は続きます。9月の観察ポイントです。

「803」NASDAQ指数は1万5000ポイントに乗せてからも、高値更新相場を維持しています。ダウと同じく、年末の株価は幾らか強気予想は続いています。チャート的に、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線の順に強い上昇基調・高値更新相場を維持しています。トレンド&基調を維持する状態は、上昇基調・高値更新相場は続きます。9月の観察ポイントです。

NYダウ NASADAQ指数 日足チャート

<ドル円 日足チャート>

ドル円相場の動きは110円を挟んで止まっています。今週も75日ボリンジャーバンド(中心線)を挟み、推移しています。ほぼ動きがない状態です。円安は維持するものの、中心線を基準に小幅ボックスで推移は続いています。75日ボリンジャーバンド(中心線)を挟んだ動きは続きそうです。

日足チャートでは、75日ボリンジャーバンド(中心線)を中心に+-1Σの範囲で推移は続きそうです。秋は為替のシーズンと言われています。選挙を控え、急に動き出すことも考えられます。75日ボリンジャーバンド(中心線)から、+-1Σ間での小幅ボックスで推移しているが、上下どちらかに放れ出す事もあります。9月の観察ポイントです。



ドル円 日足チャート

<JASDAQ指数&マザーズ指数>

<JASDAQ指数 日足チャート>

相場が強まる中で、「105」JASDAQ指数は、高値更新相場を強めています。9月は一気に75日移動平均線を上回る強い動きから、今週も高値更新相場と強い動きが続いています。引き続き、25日から75日移動平均線を上回る動きは、高値更新相場は続くと言えます。9月の観察ポイントです。

<東証マザーズ指数 日足チャート>

「107」マザーズ指数は、5月と8月の2点の底型形成から立ち上がりが続き、75日移動平均線を上回るまで戻してきました。底入れから上昇に向かう動きと言えます。引き続き75日移動平均線を上回る状態を維持できれば、もう少しで200日移動平均線を上回る上昇立ち上がりに向けた動きに向かいます。9月の観察ポイントです。

JASDAQ指数&東証マザーズ指数チャート

<日経平均 610評価損率・週足チャート>

3週続けて、日経平均は週間で+500円以上の値上がりが続いています。また2週続けて約+1200円以上の上げ幅となり、非常に強い上昇局面へと転じています。これも「610」評価損率(前々週8/20・-12.88%)→(前週8/27・-10.78%)→(今週発表9/3・-9.23%)と見れば、数値の悪化は需給改善に動くので、株価の動きを軽くしています。今後の上げ幅を見れば、来週発表の評価損率の数値は改善しています。今後は(0%から-5%)の範囲は高値警戒ゾーン、(-5%から-10%)の範囲は高値ゾーンと見てください。

週足チャートでは、今週も週間で+1200円値上がりし、続伸しています。前週は大陽線で13週移動平均線(上値抵抗線)を上回り、今週も大陽線となり、続伸して2月高値に迫っています。上回るのも日柄待ちとなりました。引き続き、13週から26週移動平均線(下値支持線)を上回る状態は、上昇相場は続くと見る動きです。9月の観察ポイントです。

日経平均 610評価損率・週足チャート

<日経平均 月足チャート>

9月相場は暴騰で始まり、続伸しています。月足チャートでは、3月から5ヶ月連続陰線を9月の陽線だけで上回っています。強い上昇局面となりました。6ヶ月移動平均線(下値支持線)を上回った事で、上昇基調に戻しました。来週にも2月高値を上回る可能性も出てきました。10月も6ヶ月移動平均線を上回る状態なら、強い上昇基調は続くと見る事ができます。年末から2月に向けて、3万2000円から3万4000円に向けた上昇局面が続くと見ています。

チャート的には、6ヶ月移動平均線を上回る状態は、高値更新する事を意味します。6ヶ月移動平均線を下回ると高値形成と見ます。今は再上昇に転じ、上昇は始まったばかりであり、ようやく買い場から上昇基調は続くと見る局面です。さらに9月の上げ幅が大きくなると10月は買いと利食いが交錯する可能性から、伸び悩むかもしれません。9月の観察ポイントです。

日経平均 月足チャート

<日経平均 日足チャート>

今週の上げ幅は、+1200円幅と大きく値上がりしました。日足チャートでは、目先の株価は10日から25日移動平均線とのカイリ幅が大きくなっています。続伸の可能性もゼロではありませんが、伸び悩む可能性もあります。また2月高値を上回る可能性も残っています。来週はこの大幅高した後の水準を維持できれば、強い上昇局面と言えます。

チャート的には、75日から200日移動平均線を一気に上回りました。一気に3万円に乗せた事から、近日中に2月高値30714円を上回る可能性も強まっている。10日から25日移動平均線を大きく上回るカイリ状態を維持できるかどうか。下げなければ強い上昇相場は続くと判断できます。9月の観察ポイントです。

日経平均 日足チャート
自民総裁選の勝者への期待は高く、株価は上がっている。NYダウも高値更新相場を維持している。コロナの感染拡大も続いている。どうなるか。世界はどう動く。


★日経平均株価の動きを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→日経平均株価の動きと銘柄選び(株の達人・動画解説)

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ