チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 日経平均株価の動き(無料版)

日経平均株価の動き(無料版)

このコーナーでは、会員サイトで毎週末掲載している「日経平均株価の動き」を、翌週無料で掲載しているものです。
株の達人をお使いの方は会員サイトにて最新版をご覧ください。(お試し中の方もご覧いただけます)

(2022年8月5日に株の達人で掲載されたものです。)
為替は7月下旬の米国利上げ発表から、円高(130円)に動きました。2度の大幅利上げで円安に動くのかと思いきや、米国債利回りは6月に先取りして、3%台をピークに下げていました。利回りが下げている事で、いったん円安もピークを付けた形になり、円高シフトをキッカケに、7月末に日経平均は2万8000円に乗せました。

8月1週は2万8000円で伸び悩んでいましたが、週末に2万8000円台に乗せて引けました。まだ上値抵抗線で伸び悩んでいる様にも見えますが、相場の先行指標となっている半導体関連株(アドバンテスト・レーザーテック)は、75日移動平均線を上回ってきました。半導体が切り返しているので、相場に下げ止まり感が出始めた事を表しています。今後も半導体関連株が75日移動平均線を上回り、株価の回復が続くなら、株式市場は回復に向かうと言えます。

引き続き、半導体関連株が底固めから立ち上がる動きが、しばらく続くのか観察ポイントです。225種銘柄で、6ヶ月移動平均線を上回る銘柄数は、7月末に半数(142)以上で引けました。8月に入りからも、半数以上を維持しています。プライム銘柄も1000銘柄以上を維持しています。銘柄数では7月末に上昇転換し、8月は維持していますが、いまひとつ相場は強まっていない感じがあります。やはり半導体関連株が動き出さないとパンチ力に欠けるでしょう。

四半期決算が出てから、ファーストリテイリング、海運株など業績を上方修正した銘柄は動いています。海運株の多くは、上昇基調で高値更新する水準です。やはり業績上方修正した銘柄は買われています。まだ好業績を維持していても、動いていない銘柄も多く残っています。四半期が出てくれば、動き出すと見ていますが、夏相場は動きにくい時期と言えます。今後も業績発表は注目が続きます。

8月の甲子園の始まる時期は、夏枯れ相場と言われてきました。過去を見ても、8月は動かないことが多かったが、今年は動くのか。秋の中間決算の見通しが出るまで動かない事が多かったですが、米国の利上げをキッカケに上昇は続くか。または今年も夏枯れ相場となるか。2万8000円以上に乗せてから上値を伸ばしてくれば、夏相場は動き出すと判断できます。夏枯れ相場になったら様子見相場となり、上値は伸びなくなります。

日経平均が動かない夏枯れ相場の時は、小型株やグロース市場の銘柄が買われる傾向にあります。小型株、材料株、上昇基調を維持している株など、強い上昇基調から絞り込むことが良いと考えます。動き出せば、中型株→大型株→主力株も動き出してきます。

8月1週の東証プライム(1839銘柄)の6ヶ月移動平均線上回る銘柄数は半数以上を維持している。2022年4月(4)931銘柄(225種125)→4月末703銘柄(225種107)→5月末774銘柄(225種108)→6月末810銘柄(225種105)→7月末1125銘柄(225種142)→8月(4)1067銘柄(225種117)と半数以上を維持している。増加は続くか。8月の観察ポイントです。

8月1週の東証スタンダード(1452銘柄)も増加傾向を維持しています。75日移動平均線を上回る銘柄数は、2022年4月(4)705銘柄→4月末518銘柄→5月末657銘柄→6月末677銘柄→7月末779銘柄→8月(5)780銘柄と増加は続いている。増加は続くか。8月の観察ポイントです。

8月1週のグロース市場(482銘柄)も増加傾向です。75日移動平均線を上回る銘柄数は、2022年4月(4)320銘柄→4月末192銘柄→5月末213銘柄→6月末149銘柄→7月末262銘柄→8月(5)281銘柄と増加傾向です。増加は続くか。8月の観察ポイントです。

8月1週の東証プライム(1839銘柄)も増加傾向です。75日移動平均線を上回る銘柄数は、2022年4月(4)912銘柄(225種118)→4月末739銘柄(225種98)→5月末918銘柄(225種122)→6月末903銘柄(225種109)→7月末1186銘柄(225種128)→8月(5)1300銘柄(225種145)135)と増加傾向です。増加は続くか。8月の観察ポイントです。

<NYダウ NASADAQ指数 日足チャート>

7月末に向けて、「801」NYダウは75日移動平均線を上回って引けました。8月も75日移動平均線を上回って始まったが、伸び悩んでいます。次は200日移動平均線に向けた戻り相場に向かうと見る動きです。75日移動平均線を上回る動きは、底入れの動きです。再度75日移動平均線を下回ると戻り売りになるが、下回らなければ200日移動平均線を目指す展開です。8月の観察ポイントです。

「803」NASDAQ指数も続伸し、75日移動平均線を上回る上昇が続いています。75日移動平均線を上回る状態を維持できれば、底入れ反発の動きです。75日移動平均線を下回れば再下落だが、75日移動平均線を維持する動きは、200日移動平均線に向けた上昇です。8月の観察ポイントです。
NYダウ NASADAQ指数 日足チャート

<ドル円 日足チャート>

ドル円相場は、7月下旬の米国FRBの利上げ発表を受けて、一気に130円まで円高に動きました。75日移動平均線まで円高に動いた後、今週は134円まで円安に戻しましたが、10日から25日移動平均線を下回っているので、まだ円安基調に戻したとは言えません。

日足チャートでは、75日ボリンジャーバンド幅は拡大傾向→横ばいに変わってきました。円安に向けた動きは一服しています。75日ボリンジャーバンド+1Σを下回る動きは、横ばいか、円高に向けた動きと見る事が出来ます。再度+1Σを上回り、25日移動平均線を上回ると円安に戻す動きです。8月の観察ポイントです。

ドル円 日足チャート

<125東証スタンダード単純総合指数 日足チャート>

8月も「125」東証スタンダード単純総合指数も、75日から200日移動平均線を上回る状態で始まりました。引き続き、200日移動平均線を上回る動きは、小型株の底入れ立ち上がり銘柄が増えている事を表しています。200日移動平均線を上回る状態を維持できれば、小型株の上昇銘柄数の増加が続くと見ます。8月の観察ポイントです。



JASDAQ指数&東証マザーズ指数チャート

<日経平均 610評価損率・週足チャート>

7月末の評価損率は-11.17%(7/29)で、日経平均が値上がりした割に改善しませんでした。今週2万8000円台に乗せて引けました。来週発表の評価損率の数値は、-10%前後まで改善してくるか。改善してくれば高値ゾーンになる心配があります。8月が夏枯れ相場になると上値は重くなるでしょう。株価は13週移動平均線を上回る水準を維持しているので、シッカリしています。13週移動平均線を下回れば、戻り売りになります。

3月以降の評価損率の数値は→-15.66%(3/11)→-11.94%(4/1)→-12.88%(4月末)→-13.19%(5/13)→-12.40%(5/27)→-10.56(6/10)→-13.20(6/17)→-12.23(6/24)→-13.13(7/1)→-12.16(7/8)→-12.36(7/15)→-11.03(7/22)→-11.17%(7/29)と-11%前後で改善していない。7月3週目に週間で+500円以上値上りし上昇転換している。来週以降、週間で-500円以上の下げ幅は下降転換と見なします。8月の観察ポイントです。



日経平均 610評価損率・週足チャート

<日経平均 月足チャート>

月足では、24ヶ月移動平均線を上回る状態で、6ヶ月移動平均線を上回り、立ち上がろうとしています。このまま12ヶ月移動平均線を上回っていれば、上昇基調に戻します。12ヶ月移動平均線で売られて下回った場合は、戻り売りになります。8月は夏枯れ相場になるか。上昇基調から上値を伸ばしてくるか。このあたりが観察ポイントです。

月足チャートでは、7月末12ヶ月移動平均線(上値抵抗線)まで戻して引けました。8月は12ヶ月移動平均線を上回ってきたので、上値を伸ばしてくるか。まずは6ヶ月移動平均線を上回る状態を維持し、12ヶ月移動平均線を上回っていれば上昇は続きます。下回れば戻り売りです。8月の観察ポイントです。

日経平均 月足チャート

<日経平均 日足チャート>

7月末に、日足チャートでは200日移動平均線(27500円)を上回り、2万8000円まで戻して引けました。8月入りも200日移動平均線を上回る水準を維持し、2万8000円台で上値を伸ばしてきました。思ったよりシッカリしていると言えます。来週は8月SQ週です。SQ後も強いかどうか、観察ポイントです。200日移動平均線を下回ると戻り売りになりやすいでしょう。

今週もチャート的には、200日移動平均線を上回る状態を維持しました。前週に25日騰落レシオでは143ポイントまで高くなったが、今週もシッカリしました。200日移動平均線(下値支持線)を上回る状態で、騰落レシオは下がり始めました。来週も200日移動平均線を上回る状態を維持できるかどうか。高値ゾーンか、上昇維持か。戻り売りか。来週の観察ポイントです。

日経平均 日足チャート
米国市場のリバウンドは続くか。日本コロナ再拡大のピークはいつか。露ウクライナの影響はでるか。世界はどう動く。


★日経平均株価の動きを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→日経平均株価の動きと銘柄選び(株の達人・動画解説)

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク新宿事業所 まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ