チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 日経平均株価の動き(無料版)

日経平均株価の動き(無料版)

このコーナーでは、会員サイトで毎週末掲載している「日経平均株価の動き」を、翌週無料で掲載しているものです。
株の達人をお使いの方は会員サイトにて最新版をご覧ください。(お試し中の方もご覧いただけます)

(2021年1月15日に株の達人で掲載されたものです。)
今週も強い相場局面から2万9000円は射程圏内です。来週は2万9000円台に乗せそうな勢いです。3万円相場が見えてきました。思っていたより早い上昇ピッチの上値更新局面です。週間で-500円以上下げなければ、買いが勝っているので、強い上昇局面は持続していると判断できます。週間で-500円以上下げたら、この強い上昇局面は売り優勢に変わり一服すると見てください。

昨年からコロナ禍が続く中で、強い上昇相場は続いています。昨年3月に1万6000円まで売られ、現在は2万9000円に迫るまで上昇し、3月安値から1万2000円以上の上げ幅となりました。「国策相場」に売り無しの格言の相場となりました。コロナ禍の中で、なかなか株は買えないと言う投資家の声から底値を買えず、高値で売れないまま現在に至っている方は多いと聞きます。こちらも相場格言で言う「底値買わせず、高値売らせず」の上昇相場と言えます。

週間で、-500円以上下げない状況が続くと3万円も射程圏内の可能性も出てきます。当面の上値目標は難しいが、2万9000円から3万円に向けて高値形成すると見ています。勢いが続けば、さらに上値を取るオーバーシュートの可能性も残っています。2万9000円前後から、個別株の動きによって売り場探しの可能性は強まります。次の買い場は、大きく売られた押し目形成後、または日柄整理後になります。前から述べていますが、底値買いを除き、1月は新規買いは控え、手持ち株売り時期と見ています。

相場は半導体から始まり、半導体からピークを付けると言ってきました。最近は半導体が足らずに車の生産が出来なくなった等のニュースが流れています。こう言うニュースを聞くと、素人投資家は、これから半導体は上がると考えたりしますが、ニュースになったら株は終盤と言うのが株の本質です。こう言うニュースは、ピークが近い事を示すニュースです。

現在、半導体関連株は急伸から、さらに急伸が続いています。高値ゾーンに近づいている事を示す動きです。半導体は相場先導株です。来週以降、半導体関連株が売られ始めたら、いったん売り場に近づいていると見なければ、売りそびれてしまいます。また週間で-500円以上売られたら戻りは売り場と見ます。半導体が売られ始めると、順を追って他の業種に売りの流れは広がります。引き続き、半導体銘柄の動きは、相場の流れを先取りしており、来週以降の相場判断の上で重要な観察ポイントです。

2月以降は決算対策売りが控えており、持続するか、処分売りするか?の分かれ目は、2022年度以降の業績予想が、良いか、悪いかに分かれるでしょう。現在の飲食店などは最悪期にあり、来年はコロナ禍が終わっているなら、底値買いの持続になるでしょう。逆にコロナ禍で業績を伸ばしたところは売られるでしょう。この様に持続される銘柄、売られる銘柄の選別期になります。

年度代わりから、2022年度業績予想によって動き、新たな「国策相場」銘柄は持続の可能性はありますが、2022度業績を先取りした銘柄は、一先ず売っておけとなります。来週以降、持続可能な銘柄か、一先ず売っておけ、となる銘柄か、で売り買い交錯する相場に向かうと見ています。

個別株では、まだ底値立ち上がり銘柄も多く残っています。日経平均の影響を受けずに、徐々に底値を切り上げていくと見ています。日経平均が3万円に迫る中では、底値立ち上がり銘柄のリスクは小さいです。または上昇初動銘柄も上昇余地を残していると見ています。

1月2週目の東証1部銘柄(2195銘柄)の6ヶ月移動平均線上回る銘柄数を見ると225種株に過熱感が出始めている。2020年3月末230銘柄(225種19)→4月末415銘柄(225種17)→5月末1001銘柄(225種65)→6月末1104銘柄(225種90)→7月末796銘柄(225種65)→8月末1419銘柄(225種163)→9月末1643銘柄(225種115)→10月末1011銘柄(225種82)→11月末1382銘柄(225種161)→12月末1441銘柄(225種180)→2021年1月(7)1336銘柄(225種186)→1月(14)1463銘柄(225種207)と225種株は9割を上回った事から過熱感が出始めている。強気相場は続くか。1月の観察ポイントです。

1月2週目の「107」マザーズ市場(346銘柄)で75日移動平均線上回る銘柄数は調整中は続いている。2020年3月末16→4月末102銘柄→5月末268銘柄→6月末277銘柄→7月末115銘柄→8月末180銘柄→9月末218銘柄→10月末126銘柄→11月末111銘柄→12月末69銘柄→2021年1月(8)88銘柄→1月(15)80銘柄と横ばいから調整中と言える。増加は続くか。1月の観察ポイントです。

1月2週目の「105」JASDAQ市場(705銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数は増加している。2020年3月末44銘柄→4月末129銘柄→5月末511銘柄→6月末586銘柄→7月末281銘柄→8月末363銘柄→9月末439銘柄→10月末277銘柄→11月末324銘柄→12月末328銘柄→2021年1月(8)354銘柄→1月(15)373銘柄と少し増加している。増加は続くか。1月の観察ポイントです。

1月2週目の東証2部銘柄(475銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数は横ばいです。2020年3月末26銘柄→4月末83銘柄→5月末338銘柄→6月末409銘柄→7月末199銘柄→8月末251銘柄→9月末311銘柄→10月末228銘柄→11月末249銘柄→12月末241銘柄→2021年1月(8)254銘柄→1月(15)258銘柄と横ばいです。増加は続くか。1月の観察ポイントです。

1月2週目の東証1部銘柄(2195銘柄)の75日移動平均線上回る銘柄数は売られた。2020年3月末253銘柄(225種17)→4月末645銘柄(225種28)→5月末1786銘柄(225種169)→6月末1671銘柄(225種166)→7月末622銘柄(225種54)→8月末1144銘柄(225種135)→9月末1581銘柄(225種97)→10月末809銘柄(225種56)→11月末1136銘柄(225種136)→12月末1172銘柄(225種176)→2021年1月(8)1296銘柄(225種191)→1月(15)1205銘柄(225種194)と売られた。増加に戻せるか。1月の観察ポイントです。

<NYダウ NASADAQ指数 日足チャート>

高値更新相場続く。「801」NYダウは3万1000ドルをキープし、強いチャートを示しています。チャート的に、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線、10日移動平均線の順に揃った状態で高値更新は続いています。強い上昇基調が続いているといえます。引き続き、高値更新相場は続くと見る動きです。1月の観察ポイントです。

「803」NASDAQ指数も最高値更新相場を維持しています。NYダウと同じく、チャート的には、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線、10日移動平均線の順に揃っている強い上昇基調です。引き続き、10日から25日移動平均線を上回る高値更新相場は続くと見ます。1月の観察ポイントです。

NYダウ NASADAQ指数 日足チャート

<ドル円 日足チャート>

今週の「850」ドル円(為替)相場は少し円安に戻しましたが、円高基調に変わりはありません。75日ボリンジャーバンド中心線は下向き、25日移動平均線を上回ってきたが、75日ボリンジャーバンド中心線まで戻したにすぎません。ボリンジャーバンド幅は拡大し、中心線は104円、-3シグマは101円と円高を示しています。今のところ中心線から-3シグマ間で推移する円高基調です。

日足チャート的に、75日ボリンジャーバンド中心線(104円)を上値抵抗線に円高基調です。75日移動平均線と25日移動平均線(上値抵抗線)の2線間が円高に拡大したこともあり、行き過ぎから円安にリバウンドしています。75日ボリンジャーバンド中心線を上回れなければ、再度円高に向かう動きです。一時的な円安局面に戻す可能性もあります。1月の観察ポイントです。



ドル円 日足チャート

<JASDAQ指数&マザーズ指数>

<JASDAQ指数 日足チャート>

2021年の「105」JASDAQ指数は、上昇相場から上値更新相場が続いています。12月の高値を上回ってからも上昇相場を維持しています。チャート的には、25日から75日移動平均線は上向き上昇基調です。引き続き、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線、10日移動平均線の順に揃っている上昇基調です。引き続き、上昇相場は続くと見る動きです。1月の観察ポイントです。

<東証マザーズ指数 日足チャート>

2021年の「107」マザーズ指数は、75日移動平均線まで戻す反発で始まりましたが、今週は戻り売りから、再度75日移動平均線を下回りました。75日移動平均線(上値抵抗線)を上回れず、戻り売られた動きです。再度75日移動平均線を上回れなければ、上昇相場に戻せません。下回る動きは戻り売り相場に向かう心配があります。1月の観察ポイントです。

JASDAQ指数&東証マザーズ指数チャート

<日経平均 610評価損率・週足チャート>

12月の「610」評価損率はー12%で終わりました。1月8日の評価損率は-11%まで改善しました。今週の数値は来週発表されます。マイナス水準は、これだけ相場が値上がりしたことを見れば、さらに改善したと考えられます。マイナスは儲かっている人が少ないことを示すものですが、来週発表(今週値)の数値が改善しているなら、-10%前後まで上がってる可能性があります。徐々に過熱感が出てきたと見る事ができます。評価損率から見る買い場は、-20%前後のボトムゾーンです。-10%から5%で高値ゾーン、-5%以上は高値警戒ゾーンと見ます。

1月から2月に向けて、-10%から-5%で高値ゾーン、-5%以上に改善したら高値警戒ゾーンの売り場と高値警戒の両面から見てください。買うと高値掴みします。数値の改善は売り場を示すものです。1月の観察ポイントです。

日経平均 610評価損率・週足チャート

<日経平均 月足チャート>

今週も週間で、+500円以上の高値まで上げ幅がありました。1月の上げ幅は、+1200円以上に上げ幅を伸ばしました。2万9000円に接近し、3万円相場が見えてきました。月足チャートでは、昨年11月の大幅高からカイリ幅が大きくなっています。2万9000円に乗せてくると、利食い売りが出てくると見ています。オーバーシュートすると3万円を上回ってくる可能性も残っています。週間で-500円以上下落したら売り転換と見てください。

チャート的には、60ヶ月移動平均線は上向き上昇トレンド、6ヶ月移動平均線と12ヶ月移動平均線も上向きで、株価は大陽線で6ヶ月移動平均線と12ヶ月移動平均線を上回る強い上昇局面です。現在は6ヶ月移動平均線から、カイリ幅が大きくなっています。2万9000円以上から高値感は強まると見ています。下段の9ヶ月SRV-D(85)は80ポイント以上をキープしている強い上昇局面のため、大きく下げたら買い場(押し目)を示しています。1月の観察ポイントです。

日経平均 月足チャート

<日経平均 日足チャート>

今週は1月SQ明けの相場です。1月SQ値は2万7774円です。前週末SQ値を上回って引けました。今週はSQ値を上回って始まりました。強い相場を示す動きでした。週末もSQ値を上回って引けた動きから、来週も下回らなければ強気相場を維持していると見ます。高値は週間で+500円以上の上げ幅から強い上昇局面となりましたが、週末に売られ、上げ幅は縮小しました。引き続き、チャートでは10日から25日移動平均線を上回る状態は、強い上昇局面が続きます。週間で-500円以上下落したら売り転換です。

日足チャートは、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線、10日移動平均線の順に揃って、株価は10日から25日移動平均線を上回る強い上昇基調のまま引けました。短期的には25日移動平均線からカイリ幅が大きくなっており、伸び悩む可能性もあります。10日から25日移動平均線を上回る状態は、強気相場を維持していると言えます。1月の観察ポイントです。

日経平均 日足チャート
緊急事態宣言から株価は国策相場となっている。米国は強気の高値更新相場です。外国人投資家はどう動くのか。世界はどう動く。


★日経平均株価の動きを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→日経平均株価の動きと銘柄選び(株の達人・動画解説)

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ