チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 日経平均株価の動き(無料版)

日経平均株価の動き(無料版)

このコーナーでは、会員サイトで毎週末掲載している「日経平均株価の動き」を、翌週無料で掲載しているものです。
株の達人をお使いの方は会員サイトにて最新版をご覧ください。(お試し中の方もご覧いただけます)

(2021年6月4日に株の達人で掲載されたものです。)
前週末、週間で+500円以上、大きく値上がりして引けた事から、6月SQに向け、調整局面が続くと見ていた動きは、オプションの見落としから見方を修正いたします。現在、日経平均の上値は75日移動平均線に押さえられた状態であり、上昇相場には戻せていません。75日移動平均線を上回らなければ売られる心配はありますが、大きく下げないか、7月以降にズレ込む可能性に変更します。

前週のコメントで、今年の「宝くじ投資法」は、まだ100倍(98倍止まり)が出ていないと述べましたが、5月のプットのポジションを見落としておりました。28250円プット8円→820円と100倍を達成しておりました。まだ100倍が無いから、6月SQに向けて調整すると見ておりましたが、5月に100倍のポジションがあったので、2ヶ月連続の100倍は難しいので見直しました。

「宝くじ投資法」は、年に2度から4度の100倍を狙う少額投資法です。100倍まで大きく動くとボラティリティーが高くなります。このボラティリティーが高くなる関係から、2ヶ月連続で100倍にはなりにくいのです。5月に100倍があり、6月SQに向け100倍狙いは可能性として薄いでしょう。あっても小幅の範囲の下げか、7月以降にズレる可能性になる点を修正します。

今の状態は、日経平均は75日移動平均線を下回っており、上昇相場の状態ではありません。下げなければ、何れ75日移動平均線を上回ってくる事になりますが、逆に上回れなければ再下落に転ずる事になります。下落したら買い場と見ていましたが、大きな調整がなければ、個別物色相場は続くと見る状況です。

オプション・5月プットが100倍になっていた事から、2ヶ月連続は難しいので、来週6月SQに向けて大幅調整局面との見方は修正し、下げないか、7月以降のズレの可能性と変更します。その点から(1)75日移動平均線を上回れば再上昇転換、(2)25日移動平均線を下回れば底入れ待ち、(3)下げないで横ばいなら日柄調整局面、3つの動きから方向性と買いタイミングを確認したいと考えます。

遡って5月の下げで値幅調整が終わったとしたら、短期調整であり、強い上昇基調を維持していると見ざるを得ません。現状はそこまで強いとは言えません。6月SQに向けて値幅調整するか、7月に下げはズレ込むか。5月の下げで調整は終わり、再上昇相場に向かうか。このあたりを確認したいと考えます。個別株では、TOPIXが75日移動平均線を上回っている状態から、中大型株が買われてくると見ています。好業績株は高値の株が多いので、底値圏か株価水準が低い株が良いと考えます。

相場は半導体から始まり、半導体からピークを付けると言う相場観察から見ますと、再度、半導体関連株(レーザーテック・フェローテック)は高値更新しています。半導体関連が相場をけん引する事から、半導体株の高値更新相場が続く状態は強いと言えます。ただ高いので、いつ調整してもおかしくない株価位置でもあります。

個別株では、半導体関連株は水準が高く、自動車関連株などは割安で推移しています。また2ケタ増収増益銘柄でも、底値圏は多く残っています。上昇基調で増収増益割安株で割安株も良いと考えます。もし相場が下げた時、下げない株にも注目し、大幅下落した株も注目してみてください。

6月1週の東証1部銘柄(2207銘柄)の6ヶ月移動平均線上回る銘柄数は少し増加した。今日の上げは反映されていません。引け値で計算します。2020年10月末1011銘柄(225種82)→11月末1382銘柄(225種161)→12月末1441銘柄(225種180)→2021年1月末1407銘柄(225種195)→2月末1470銘柄(225種206)→3月末1760銘柄(225種207)→4月末1352銘柄(225種171)→5月末1094銘柄(225種156)→6月(3)1224銘柄(225種159)と増加した。上回る銘柄数から上昇相場を維持しています。増加は続くか。再下落か。6月の観察ポイントです。

6月1週の「107」マザーズ市場(356銘柄)で75日移動平均線上回る銘柄数は横ばい。2020年10月末126銘柄→11月末111銘柄→12月末69銘柄→2021年1月末120銘柄→2月末153銘柄→3月末185銘柄→4月末108銘柄→5月末114銘柄→6月(4)109銘柄と横ばい。様子見状態か。増加に戻せるか。6月の観察ポイントです。

6月1週の「105」JASDAQ市場(701銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数も横ばいです。2020年10月末277銘柄→11月末324銘柄→12月末328銘柄→2021年1月末424銘柄→2月末452銘柄→3月末467銘柄→4月末307銘柄→5月末305銘柄→6月(4)294銘柄と横ばいです。増加に戻せるか。6月の観察ポイントです。

6月1週の東証2部銘柄(472銘柄)の75日移動平均線を上回る銘柄数は少し増加する。2020年10月末228銘柄→11月末249銘柄→12月末241銘柄→2021年1月末298銘柄→2月末334銘柄→3月末342銘柄→4月末249銘柄→5月末202銘柄→6月(4)214銘柄と少し増加する。増加は続くか。6月の観察ポイントです。

6月1週の東証1部銘柄(2202銘柄)の75日移動平均線上回る銘柄数は増加する。2020年10月末809銘柄(225種56)→11月末1136銘柄(225種136)→12月末1172銘柄(225種176)→2021年1月末1302銘柄(225種177)→2月末1342銘柄(225種194)→3月末1562銘柄(225種184)→4月末799銘柄(225種105)→5月末717銘柄(225種110)→6月(4)922銘柄(225種127)と増加する。増加に戻せるか。6月の観察ポイントです。

<NYダウ NASADAQ指数 日足チャート>

「801」NYダウは、下げずに高値維持しています。6月も上昇基調維持し、高値維持しています。再度10日から25日移動平均線を上回り、再上昇相場に戻し、上昇相場を維持しています。10日から25日移動平均線を上回る状態なら、高値更新相場に戻すと言えます。チャート的に、下から200日移動平均線、75日移動平均線、25日移動平均線、10日移動平均線の順に強い上昇基調です。高値更新相場に戻せるか。6月の観察ポイントです。

「803」NASDAQ指数も、10日から25日移動平均線を上回る上昇基調に戻しました。再上昇相場に戻す動きです。まず25日から75日移動平均線を下回らなければ、上昇相場は維持します。チャートでは、200日移動平均線は上向き、75日移動平均線、25日移動平均線を10日移動平均線が上回る上昇基調です。再上昇相場に向かうか。6月の観察ポイントです。

NYダウ NASADAQ指数 日足チャート

<ドル円 日足チャート>

日足チャートでは、75日移動平均線(108円)は上向き、円安方向を示す状態です。25日移動平均線も上向きで、10日移動平均線も上向きの円安方向を示しています。ドル円相場は、10日から25日移動平均線(上向き)に沿って円安方向を示しています。

日足チャートの75日ボリンジャーバンドでは、+1Σが上値抵抗線であったから、昨日上回り円安基調を強めています。10日から25日移動平均線に沿って上向きを示しています。この状態から、+1Σを上回る円安方向(110円)に乗せてきました。+1シグマを上回る状態は、円安は続きます。再度1Σを下回ると伸び悩みます。25日移動平均線を下回ると円高に動きます。10日から25日移動平均線に沿った動きは続くか。6月の観察ポイントです。



ドル円 日足チャート

<JASDAQ指数&マザーズ指数>

<JASDAQ指数 日足チャート>

「105」JASDAQ指数は、75日移動平均線を上回る上昇基調に戻してきました。25日移動平均線と75日移動平均線を上回る状態を維持できれば、上値更新相場は続きます。75日移動平均線を下回ると再調整相場に転じます。75日移動平均線を上回る上昇相場を期待したい。6月の観察ポイントです。

<東証マザーズ指数 日足チャート>

「107」マザーズ指数は下げ渋り、25日移動平均線前後で推移しています。25日移動平均線を上回ってくれば、75日移動平均線に向けて戻してくるでしょう。目先は、25日移動平均線が上値抵抗線になって伸び悩んでいます。上回れなければ再調整に向かいます。6月の観察ポイントです。

JASDAQ指数&東証マザーズ指数チャート

<日経平均 610評価損率・週足チャート>

「610」評価損率の高止まりは続いています。評価損率から見るといつ調整に転じても不思議ではありませんが、今週(5/28)発表の評価損率は、-8.82%と高止まりしています。評価損率からみると、上げ余地は大きくないように見えますが、全体的に下げ渋りが強い状態です。

前週は週間で+500円以上値上がりし、上げ幅的に上昇転換しましたが、週足チャートでは、13週移動平均線(上値抵抗線)を上回れませんでした。今週も13週移動平均線で戻り売られました。上回れなければ上昇相場に戻しません。来週6月SQに向けて13週移動平均線を上回れるか、調整に転ずるか。6月の観察ポイントです。

日経平均 610評価損率・週足チャート

<日経平均 月足チャート>

5月は27300円まで売られましたが、5月末は6ヶ月移動平均線(28800円)を上回って引けました。月足チャートでは、3ヶ月連続陰線でしたが、下ヒゲ陰線となり強い戻りでした。6月も6ヶ月移動平均線(28750円)を上回って始まり、維持しています。6ヶ月移動平均線を下回らなければ相場は崩れない。6ヶ月移動平均線(下値支持線)を下回ると売り転換か、調整局面に転じたと見ます。

6月は6ヶ月移動平均線(下値支持線)を下回れば、12ヶ月移動平均線に向けた買い場待ちと見ていましたが、6ヶ月移動平均線を上回る状態を維持しているので、再上昇相場に向かうか、調整から買い場待ちとなるか。この観察ポイントに変わりました。6月の観察ポイントです。

日経平均 月足チャート

<日経平均 日足チャート>

日足チャートでは、75日移動平均線(上値抵抗線)まで戻したあと、なかなか75日移動平均線を上回れないで推移しています。株価は、25日移動平均線と75日移動平均線の2線間で推移しています。この状態は、25日移動平均線を下回れば売り転換、75日移動平均線を上回れば再上昇転換となります。

来週6月SQに向けて、75日移動平均線(上値抵抗線)を上回ってくるか。25日移動平均線を下回ってくるか。7月以降にズレ込むか。75日移動平均線を上回ってくれば強気転換、25日移動平均線を下回ってくれば買い場待ちです。6月の観察ポイントです。

日経平均 日足チャート
ワクチン接種が相場を好感させたか。6月SQに向けどう動くか。為替は円安にシフトするか。世界はどう動く。


★日経平均株価の動きを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→日経平均株価の動きと銘柄選び(株の達人・動画解説)

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ