3/25 21000円を割り込む展開に

本日の日経平均株価は、NY市場の大幅下落を受けて、大きく下落しました。本日は個別株も2000銘柄以上が下落し、ほぼ全面安の状態となりました。本日の下落は、ドル円が大きく急落し、一時は110円を割り込んだことが要因といえます。米国債金利が節目であった2.5%を割り込んでおり、ドル売り円買いが強まっています。

それでは、早速先物の日足から確認しておきましょう。

先物の日足では、節目の21000円を割り込み、大陰線となりました。ただし、直近の安値が3/11の20645円となりますが、本日はまだ下回っていません。また以前からお伝えしているトレンドラインは、・・・

続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービスをご利用の方もご覧いただけますので、ぜひ、お申し込みください!

カテゴリー: 日経225先物のチャート分析 パーマリンク