チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ
  1. ホーム
  2. 投資のノウハウ
  3. 日経平均株価の動き(無料版)

日経平均株価の動き(無料版)

株の達人では、おトクなキャンペーン実施中です!
株の達人 新春キャンペーン詳細はコチラ

このコーナーでは、会員サイトで毎週末掲載している「日経平均株価の動き」を、翌週無料で掲載しているものです。
株の達人をお使いの方は会員サイトにて最新版をご覧ください。(お試し中の方もご覧いただけます)

(平成29年01月13日に株の達人で掲載されたものです。)
今週は1月SQ週(SQ値19182円)でした。2万円乗せを期待したが、水曜日(夜)にトランプ新大統領就の演説を控え、小動きになっていました。演説内容は、日米の貿易不均衡を見直す発言の事から売られました。上値は重くなってきた様に感じられるが、今週末終値はSQ値を上回って引けたので、来週は高くなる可能性があります。2万円乗せは大統領就任式までお預けとなるか。材料出尽くし感はあっても、就任後すぐ下げる事はないと見ているので、しばらく高値水準は維持しそうです。

1月中に2万円乗せは目前であったが、トランプ新大統領発言から、2万円を目前に高値警戒感が強まっていたところ売られました。1月20日就任後から2月前半「節分天井」に向け、売り場と見ていますが、高値維持する可能性はあります。新規買いは難しい時期ですが、個別株の中では一部上昇相場が長続きする株は残ります。

投資家心理的には、2万円に乗せると大台に乗せたと言う。強気になる方は増える可能性は少しあります。これから新しい相場が始まると良い方に考える方は少し増えそうですが、高値で強気になる方が増えた時は売り場です。トランプ大統領、就任式後は売り場と見ているが、どう動くか観察です。

8月の16000円からの上昇局面は、11月にトランプ氏が大統領に当選した事がキッカケになりました。トランプ氏が当選したら相場は暴落するなど書き込みもあった事が弱気を呼び、空売りを仕掛けた方が多かった様です。上昇局面を買い向かわず、売り向かい大負けした方が多かった様です。踏み上げが終わると上げ相場は8合目以上の水準に入っている。下げ相場の後の上昇局面で毎度見てきたパターンですが、また今回も同じ動きをしました。

昨年は1月以降、下げ相場に転じ、8月まで弱気相場が続きました。10月くらいまで下げている株は残りました。下げ相場の中で、空売り戦法で利益を上げてきた方は、すぐに弱気から抜け出せず、株価が戻ると空売りを仕掛け、踏み上げをくらい、下げ相場の儲けを吐き出し、さらに追証で元金を減らすケースを多く見てきました。空売りで負け組にならないために、早めの切り替えが大事だと感じました。

引き続き、テクニカル的には、日経平均は200日移動平均線上向き、75日移動平均線上向き、25日移動平均線上向き、この状態で10日移動平均線が25日移動平均線を上回る上昇相場は維持されています。株価は10日移動平均線を下回ったが、上昇基調は維持している。2万円乗せはトランプ大統領就任式待ちか。

東証1部銘柄(昨年末)で、2015年12月末の価格(19033円)を上回る銘柄数は、1045銘柄(225種97)。12月1日(2万円)の価格を上回る銘柄数は、880銘柄(225種79)で引けました。2017年1月13日で、2015年12月末の価格(19033円)を上回る銘柄数は、前週1171銘柄(225種110)→今週1141銘柄(225種106)と少し減りました。12月1日(2万円)の価格を上回る銘柄数は、前週991銘柄(225種91)→今週977銘柄(225種86)と少し減りました。銘柄数は少し減りましたが、シッカリしている水準です。まだ下げに転じたとは判断できません。

東証1部銘柄(2000銘柄)で6ヶ月移動平均線を上回る銘柄数は、10月末1539銘柄(225種167)→11月末1675銘柄(225種202)→12月末1743銘柄(225種209)→前週1月1856銘柄(225種216)→今週(12)1801銘柄(225種212)と少し減りましたがシッカリしています。銘柄数的には8割以上が6ヶ月移動平均線を上回っています。225種は9割以上が上回る状態を維持しています。

日足では75日移動平均線を上回る銘柄数は、11月末1719銘柄(225種204)→12月末1753銘柄(225種211)→前週は1875銘柄(225種219)→今週(13)1799銘柄(225種214)と少し減ったがシッカリしています。日足でも銘柄数的に8割以上75日移動平均線を上回っています。225種は9割以上が上回る強い状態を維持しています。高値圏ですが崩れていません。

今週のSQ値は19182円まで下がったが、本日の終値はSQ値を上回って引けたので、来週も日経平均はシッカリしていると見れます。上昇基調は維持しており、大統領就任式を控え2万円乗せを待っている。個別株は25日移動平均線を上回り、シッカリしている銘柄は多い。25日移動平均線を上回っている状態は上昇相場を維持しています。下回ったら売り転換と見てください。

<NYダウ 日足チャート>

NYダウは2万ドルに迫ってから足踏みしています。水曜日のトランプ氏の発言で乱高下したが、上昇基調は維持しています。1月20日の大統領就任まで2万ドル乗せはお預けとなるのか。テクニカルでは、200日移動平均線上向き、75日移動平均線上向き、25日移動平均線上向き、10日移動平均線は25日移動平均線を上回る上昇基調を維持しています。10日移動平均線を上回ると高値更新相場に戻ります。25日移動平均線を下回ると売り転換です。

新大統領の就任式まで高値更新は持ち越しとなりそうです。就任前に下げることはないでしょうが、今後のトランプ氏の演説によっては、売られる心配はあります。失望売りされる事も無いとは言えませんが、25日移動平均線を上回るなら失望は無く、高値更新相場は続きます。大統領就任式に向け、2万ドルに乗せるか。今後の観察ポイントです。

NYダウ 日足チャート

<ドル円 日足チャート>

目先のドル円相場は12月の118円を頭打ちに、円安は伸び悩んでいます。10日移動平均線を上回ってきた円安相場は、ここにきて25日移動平均線を下回る円高の動きになりました。10日移動平均線と25日移動平均線はDクロスしてきました。25日移動平均線を上回れなくなると円高相場に転じます。

チャート的には、10日移動平均線と25日移動平均線はDクロスしました。25日移動平均線を上回れないと円安基調に戻せません。25日移動平均線を下回ると円高に向かいます。25日移動平均線を上回る状態に戻せるか。下回り続けるか。下回り続けると円高→株安相場となります。このあたりが来週の観察ポイントです。

ドル円 日足チャート

<日経平均 月足チャート>

1月はプラスを維持していますが、伸び悩んでいます。6ヶ月移動平均線から+カイリ幅は大きくなり、短期的に高値警戒感が出ています。目先は1月下旬から2月に向け、高値形成の心配があります。トレンド的には6ヶ月移動平均線を上回る状態は、上昇基調は続きますが、高値警戒しなければなりません。

東証1部銘柄(2000銘柄)で6ヶ月移動平均線を上回る銘柄数は、12月末1743銘柄(225種209)で引けました。今年スタートし、前週1856銘柄(225種216)→今週(12)1801(225種212)と少し減りました。前週に続き、銘柄数的に全体の8割以上、225種は9割を維持してます。全銘柄では上げ余地は小さくなっていると判断できます。高値警戒ゾーンの売り場と見た方が良いでしょう。来週の観察ポイントです。

日経平均 月足チャート

<日経平均 裁定買い残動向 週足チャート>

今年の「507」裁定買い残は12億株からスタートしました。今週も「507」裁定買い残は10.8億株まで減りました。来週以降も増加を続けるなら株価は下げません。引き続き、増加が続くなら、日経平均の上げ基調は続くと見ることが出来ます。減少が続くようなら下落転換と見てください。今後の裁定買い残動向を観察する事で、日経平均は買われているか。売りに転じたか分かります。

「507」裁定買い残の増加が続くとなれば、日経平均に上昇余地がある事を意味します。減少が続く事は売り転換です。来週の裁定買い残動向を見ることで、日経平均の動きが掴めます。米国大統領就任式持ちか。今後の観察ポイントです。

日経平均 裁定買い残動向 週足チャート

<評価損率 週足チャート>

「610」評価損率は、11月-12%から→12月-7%台まで改善して引けました。過去2年間で評価損は数値的に高値圏と見る数値です。2017年スタートは乱高下して始まった事が、12月末8.5%→1月(6)7.3%と少し改善しました。今週は下げたので、評価損率の数値は少し悪化しそうです。-5%以上は高値警戒ゾーンの売り場です。

今週、株価は乱高下しました。評価損率の数値は悪化したと思われます。全体的に高値ゾーンと言えますので、来週以降も乱高下は予想されます。トランプ氏大統領就任式で上げたら売り場と見ます。「610」評価損率の数値を見ることで、相場の繁閑度がわかります。今後の観察ポイントです。

評価損率 週足チャート

<日経平均 日足チャート>

日足チャートでは、2万円を目前に売られて25日移動平均線まで下げてきました。なかなか2万円乗せにいきません。引き続き、25日移動平均線を上回る上昇基調は続きます。10日移動平均線を上回れば高値更新相場に戻ります。いつ2万円に乗せても不思議ではありませんが、高値警戒の両面から観察するところです。

現在のチャートは、25日移動平均線、75日移動平均線、200日移動平均線は上向き、株価は10日移動平均線を下回ってきたが、再度10日移動平均線を上回れるか。25日移動平均線を下回り売り転換するか。SQ値を上回って引けたので、来週は高くなる可能性は高いでしょう。このあたりも来週の判断ポイントと言えます。25日移動平均線を下回ってくると売り転換しますので、注意して見てください。2万円台乗せは就任式までお預けか。来週の観察ポイントです。

日経平均 日足チャート

待っていたトランプ氏の演説はヒドイものだった。20日大統領就任式の発言は注目されます。米国大統領就任式に向けNYダウ2万ドル待ちか。どう動く世界市場。

★日経平均株価の動きを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→日経平均株価の動きと銘柄選び(株の達人・動画解説)

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ