3/24 75日移動平均線が焦点に

本日の225先物は、前日比では215円上昇し、大きく反発しました。NYダウ及び為替には大きな動きはなかったものの、週末前の売りポジションの買い戻しが中心だったといえます。また大きく売られていた金融株にも買い戻しが入っています。

それでは早速、日足をみてみましょう。

日足では昨日も見てきましたように、75日移動平均線を下回った状態にあります。そのため、昨日と同様に75日線が上値抵抗線となってしまいます。本日の75日線は19200円となります。

現況は、上昇トレンドが、ほぼ崩れかかっている中で、かろうじてボックスの範囲内に留まっているという状況です。そのボックスの下値は19,630円ですので、・・・

続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービスをご利用の方もご覧いただけますので、ぜひ、お申し込みください!

カテゴリー: 日経225先物のチャート分析 |

3/23 反発が弱い

昨日の大幅下落から引き続きで、昨晩のナイトセッションも下値を切り下げています。先物では、18765円の安値を付けており、ドル円は110円74銭まで売られました。本日の日中は多少は戻してはいるものの、昨日の下落幅に対しては戻りが弱いといえます。

それでは、本日も日足からみてみましょう。

昨晩のナイトセッションの安値18765円は、節目としてお伝えしていた2/7の安値18785円と近い価格で止まりました。次の下値の節目となりますと1/18の18630円となり、そこを下抜けると、1月から続くボックスを下抜けることになります。

昨日に75日移動平均線は割り込んでいますが、このボックスという見方であれば、・・・

続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービスをご利用の方もご覧いただけますので、ぜひ、お申し込みください!

カテゴリー: 日経225先物のチャート分析 |