6/13 戻り売りに押されて反落

本日の日経平均株価は前日比で97円安の下落となりました。昨晩はNYダウも下落しており、ドル円も108円台前半で膠着状態にあり、方向感に乏しい状況でしたが、6月メジャーSQの最終取引日でもあったため、手仕舞い売りも下落の要因となっています。また節目21000円は引け値では維持しており、今晩のナイトセッションで21000円を割り込むかどうかで、明日のSQ値のターゲットが決まってきます。

それでは、本日も先物の日足から確認していきましょう。

本日の下落によって先物は2日連続の陰線となっています。かろうじて21000円の節目と25日移動平均線を上回って引けましたが、・・・

続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービスをご利用の方もご覧いただけますので、ぜひ、お申し込みください!

カテゴリー: 日経225先物のチャート分析 パーマリンク