7/30 3日ぶりの反発

本日の日経平均株価は、前日比で93円高となり、3日ぶりの反発となりました。個別株では、7割近くの銘柄が上昇し、昨日まで売られていたことから買い戻されました。また本日は日銀会合もありましたが、いつもどおりの現状維持となり、特にサプライズもなかったことから、日経平均も上値が重くなりました。

それでは、本日はドル円の日足から確認していきましょう。

ドル円は6/25の106.78円と、7/18に107.21円の安値を付けて、底打ちとなり上昇傾向にあります。しかし目先は109円の節目が強く意識されており、・・・

続きは会員限定ブログでご覧いただけます。お試しサービスをご利用の方もご覧いただけますので、ぜひ、お申し込みください!

カテゴリー: 日経225先物のチャート分析 パーマリンク