チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

ジグザグの見方・使い方

ジグザグとは、株価の大きな流れと波動を読み取るための指標です。
一定の変化率を決めて、株価がその変化率以上、逆方向に動いた際にラインを引きます。底値や高値の転換点を判断する指標ではなく、ローソク足では判断しにくい株価の上下の波動と、現在の方向を見るための指標です。

ジグザグの作成方法

「値幅率」を5とした場合

株価が安値から5%以上、上昇した時点で最安値を始点とし、上昇した最高値を終点として上向きにラインを引きます。また高値を更新するたびにラインを延長します。
反対に株価が高値から5%以上、下落した場合は、最高値を始点とし、最安値を終点として下向きにラインを引きます。

参考画像
※実数値で設定したい場合は「値幅」で設定します。

トレンドを大まかにとらえたい場合は数値を高く、細かくとらえたい場合は低く設定します。
参考画像

「期間」を7とした場合

例えば、7日間に設定した場合、過去7日間+当日(計8日)の最高値を上抜けると、上向きに転換し、高値を更新している間は線を延長します。
反対に、過去7日間+当日(計8日)の最安値を下抜けると、下向きに転換し、安値を更新している間は線を延長します。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ