ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク  kabunotatujinをフォローしましょう  

一目均衡表の見方・使い方

文字通り一目で株価の均衡状態を捉えるチャートです。特定の時間枠(具体的には9,17,26という基本数値と自らの波動から出る対等数値の組み合わせ)の中での値動きとその中心地段を考慮し、将来の株価を予測しようというものです。

簡単に考えれば26とは一ヶ月、その中心点ですから一ヶ月の平均的な玉関係を見ていることになります。一目均衡表の優れている点は、固定的な予測ではなく、単にある時間幅の中での高値と安値の中心点を求めるということです。

すなわち売り・買いの判断を求めるのみならず、過去の値動きが時間の変化により反映されるという受動的変化、また毎日の相場自体が作る能動的変化などにより均衡表自体が自由に変化し『いつ頃まで上昇するか』・『いつ頃変化するのか』という日柄の分析ができるところにあります。

ちなみに、一目均衡表の発表は昭和10年。新聞紙上に「新東転換線」という名称で発表されました。 買い方と売り方の両者の均衡が破れた方へ相場が動く、そして、一目瞭然でそれがわかる、ゆえに「一目均衡表」と名づけられています。 この指標は「いつごろ上がるか、下がるか、値幅はどれくらいかがわかる」といわれていますが、やはりそこまで使いこなすにはかなりの研究が必要になります。が、基本を抑えるだけでも売買の強い味方となります。

一目均衡表を活用した銘柄選択方法を動画でご紹介
→一目均衡表の見方
→基本の見方
→一目均衡表の作成方法

一目均衡表を活用した銘柄選択方法を動画でご紹介

一目均衡表の基本的な見方と、株の達人の銘柄選択機能を使った一目均衡表を活用した銘柄探しを解説します。
また、絞りこんだ銘柄のチェックポイントも一目均衡表のチャートでご説明しております。



※動画が見れない方は http://youtu.be/Eryr1fTGQnw をご覧ください。

一目均衡表の見方・使い方

  1. 基準線・・・・保合いの所では”ダマシ”も入りますが、この線に素直に従えば、大きな波動にタイミング良く値幅の大きいところが高い確率で取れます。
  2. 転換線・・・・この線が基準線の上にあれば買い時、逆は売りです。
  3. 先行スパン1と先行スパン2の2本の線で抵抗帯雲を作ります。抜ければ完全な方向転換とされます。
  4. ローソク足と新値足が望ましい型で出現している時に、基準線が転換したら絶好の買い出動機です。

一目均衡表の見方をチャートで解説


▲ページ先頭へ

一目均衡表の基本的な見方・使い方

<基準線と転換線の関係>

転換線が基準線の下から上へ抜ける(Gクロス)状態を「好転」逆の状態(Dクロス)を「逆転」と称します。
好転=買い転換、逆転=売り転換です。ただし、Gクロスしていても、基準線が上向きの状態でなければ「好転」にはなりません。同じように下向きになっていなければ「逆転」とはなりません。

<抵抗帯(雲)>

雲の上でローソク足が推移している場合は相場が強い(上昇)と判断し、下に位置している場合は弱いと判断します。
抵抗帯の名のとおり、厚い場合は、過去の相場のしこりの影響が強く、相場転換には日柄を要します。薄い場合は、影響が少ないので抜けやすく、転換しやすくなります。

<遅行線>

遅行線は「売り」か「買い」かのタイミングを計る場合に見ます。
遅行線が株価を抜いた場合を「好転」(買い)逆に下回った場合を「逆転」(売り)とします。

<波動について>

一目均衡表では株価の波動を重視しています。
「波動」は相場の方向性を指し示すものであり、株価水準の割り出しや、日柄の計算にも欠かせません。

一目均衡表の波動

▲ページ先頭へ

一目均衡表の作成方法(計算式)

<基準線>

その日を含め、過去26日間の最高値と最安値のみを取り出した単純平均で、相場の大勢方向を示します。
(26日間最高値+26日間最安値)÷2

<転換線>

その日を含め過去9日間の最高値と最安値の単純平均です。
(9日間最高値+9日間最安値)÷2

<先行スパン1>

基準線と転換線の中値を26日先行させて表示します。

<先行スパン2>

過去52日間の最高値と最安値を単純平均し、26日先行させたものです。
※先行スパンは2つで中勢・大勢の支持・抵抗帯を示します。

<遅行線>

その日の終値を26日遅行させます。

無料お試しサービス 無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!
1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
無料お試しサービス詳細・お申込みはこちら
出来高指標
サイクル分析指標
◆テクニカル分析指標:目次  ◆需給指標:目次  ◆業績(財務業績の見方):目次  ◆市場分析指数:目次  ◆指標名別インデックス
お気軽にお問い合わせくださいお気軽にお問い合わせください株式会社ストック・データバンク
指標の見方・使い方についてや、チャート分析ソフト「株の達人」について、お気軽にお問い合わせください! 電話:03-3204-3727(受付・平日9:00〜18:30土日祝休み)

FAX FAX:03-3204-3691 メール メール:staff@kabutatu.info
投資のノウハウ必読コンテンツ
買い時・売り時必勝パターン
チャート分析のための指標の見方・使い方