ブックマークに登録:
はてなブックマークに登録 BuzzurlにブックマークBuzzurlにブックマーク  kabunotatujinをフォローしましょう  

ボリンジャーバンドの見方・使い方

ボリンジャーバンドは株価移動平均線と標準偏差で構成されています。例えば25日移動平均線を基準に説明します。

「25日間の個々の終値」から、その「25日間平均値」を引いたものを二乗し、それを25日分合計し、その値を25で割り、最後にその平方根をとったものが「25日標準偏差」です。

ボリンジャーバンドは、株価の勢いの変化や反転の目安、方向を見る指標です。
一定期間のデータの標準偏差(シグマ=σ)を算出し、移動平均線に対してシグマの1〜3倍を加算したものをボリンジャーバンドの+1σ〜+3σ、減算したものをボリンジャーバンドの−1σ〜−3σとして表示します。

株価の値動きが激しくなるとバンド幅が拡大、値動きが小さくなるとバンド幅が縮小する傾向にあります。
ボリンジャ−バンドは、値動きが激しくなっても、緩やかになっても、移動平均線を中心にした上下のバンドに向けて株価が上下するまたは、上下のバンドを大きく突破しないという特徴を利用します。

ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

ボリンジャーバンドを活用した売買テクニックを動画でご紹介
→ボリンジャーバンドの売買ポイント
→ボリンジャーバンドの特徴
→ボリンジャーバンドの注意点

ボリンジャーバンドを活用した売買テクニックを動画でご紹介

銘柄選択を使ったボリ­ンジャーバンドの買い銘柄の選び方と、買いポイントを見つけるコツを解説いたしました。



※動画が見れない方は http://youtu.be/d294Ns54DQQ をご覧ください。

ボリンジャーバンドのもう一つの見方でもある、売られ過ぎた銘柄を狙った逆張りの買いポイントと、銘柄の選­び方を解説いたしました。



※動画が見れない方は http://youtu.be/dwh_AFDfJ8k をご覧ください。
※youtube動画の再生には、スピーカーもしくはヘッドホンが必要です。
スピーカーもしくはヘッドホンがない(音声を再生できない)状態で再生しますと、エラーが発生して動画が再生できない可能性がございます。

動画の再生に関する問題は、下記youtubeヘルプをご参照ください。
https://support.google.com/youtube/topic/3014746?hl=ja&ref_topic=3014327

ボリンジャーバンドの売買ポイント

逆張り手法

±1〜±3σを各々下値支持線や上値抵抗線と考え、株価が−1〜−3σにきた時に買いポイント、+1〜+3σにきた時に売りポイントとみます。

順張り手法

±2〜±3σを超えて推移した時は、これまでのトレンドが転換した可能性があるので、-2〜-3σにきた時は売りポイント、+2〜+3σにきた時は買いポイントとみます。

▲ページ先頭へ

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドはリスクの範囲を示します。


▲ページ先頭へ

ボリンジャーバンドの注意点

【1】上記に述べたボリンジャ-バンドの各シグマ(σ)内に収まる確率を信じ過ぎることは、株価予測を誤る原因になります。
標準偏差の数値は、設定した期間内の移動平均線で算出されたもので、限定的な過去のデータを元にしていますので、将来の株価がそれによって拘束されるのものではありません。ですから、±3σを逸脱することもあります。

【2】株価の推移が一定のレンジで動いている場合、バンドの上端付近を「売りサイン」、下端付近を「買いサイン」として利用するのが一般的です。(逆張り手法) しかし、株価の推移が一定のレンジ相場から逸脱した場合、バンドの上端突破を「買いサイン」、下端突破を「売りサイン」として利用します。(順張り手法) つまり、株式相場動向によって「順張り手法」と「逆張り手法」と逆になるのでトレンドを把握することが大切になります。

ボリンジャーバンドの注意点をチャートで解説


無料お試しサービス 無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!
1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
無料お試しサービス詳細・お申込みはこちら
トレンド系テクニカル指標
オシレーター系テクニカル指標
◆テクニカル分析指標:目次  ◆需給指標:目次  ◆業績(財務業績の見方):目次  ◆市場分析指数:目次  ◆指標名別インデックス
お気軽にお問い合わせくださいお気軽にお問い合わせください株式会社ストック・データバンク
指標の見方・使い方についてや、チャート分析ソフト「株の達人」について、お気軽にお問い合わせください! 電話:03-3204-3727(受付・平日9:00〜18:30土日祝休み)

FAX FAX:03-3204-3691 メール メール:staff@kabutatu.info
投資のノウハウ必読コンテンツ
買い時・売り時必勝パターン
チャート分析のための指標の見方・使い方