チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

MACDヒストグラムの見方・使い方

MACDヒストグラムとは、MACDラインと同平均ライン(シグナル線)とのカイリを、棒グラフで表したものです。
MACDとシグナル線の動きを、より詳細に捉えられます。

MACDヒストグラムの使い方は?動画でご紹介

MACDヒストグラムの見方と特徴を、5分で理解できるように解説しました。


※動画が見られない方は http://youtu.be/udZ3Io0WPrQ をご覧ください。
※youtube動画の再生には、スピーカーもしくはヘッドホンが必要です。
スピーカーもしくはヘッドホンがない(音声を再生できない)状態で再生しますと、エラーが発生して動画が再生できない可能性がございます。

動画の再生に関する問題は、下記youtubeヘルプをご参照ください。
https://support.google.com/youtube/topic/3014746?hl=ja&ref_topic=3014327

MACDヒストグラムの作成方法(計算式)

MACDヒストグラム=MACD-シグナル線

→MACDの作成方法はコチラをご覧ください

MACDヒストグラムの見方は?

MACDヒストグラムには中心に0(ゼロ)のラインがあり、
MACDとシグナル線がゴールデンクロスすると、ヒストグラムがゼロからプラス圏に変わります。
逆にデットクロスすると、ゼロからマイナス圏に変わります。
このMACDヒストグラムの増減によって、MACDとシグナル線のゴールデンクロスよりも、早くタイミングを掴むことができるのが特徴です。

MACDヒストグラムのボトムアウトが買いポイント、ピークアウトが売りポイントという見方ができますが、反応が早い分、ダマシが多いので注意が必要です。

MACDヒストグラムの見方をチャートで解説

MACDとMACDヒストグラムの違い

MACDヒストグラムは、MACDではタイミングが遅くなってしまうのを改善するために作られましたが、株価に対する反応が非常に敏感になるため、その分だけ利益確定も早くなります。
よって1週間から2週間程度の保有期間が比較的短期の売買向きの指標といえます。
一方、MACDとシグナル線のゴールデンクロスは反応が遅い分、ダマシは少なく、保有期間が1ヶ月以上の長めの期間の売買に適しています。

→MACDについてはコチラ

MACDヒストグラムの見方をチャートで解説

◆執筆者紹介◆
伊藤正之
株式会社ストック・データバンク代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。


青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストックデータ・バンクの投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ