チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

MACDの見方・使い方

MACDとは2本の移動平均線(MACDとそれを単純移動平均化したシグナルの2本のライン)を用いることで、相場の周期とタイミングを捉える指標です。
MACDの傾きからトレンドの方向性を見るといった利用方法もあります。MACDはダマシが少なく使いやすいので、人気です。
MACDから派生したMACDとシグナル線の動きを、より詳細に捉えられるMACDヒストグラムもございます。

MACDの使い方は?動画でご紹介

MACDの基本的な見方と売買ポイントを解説します。
また、単純なクロスの売買ポイントだけではなく、実践で活用できる、それ以前の下落・上昇期間も見て判断するテクニックもご紹介します。


※動画が見られない方は https://youtu.be/lca2-MDNJXg をご覧ください。


MACDの見方は?

株価がトレンドを形成しながら上昇または下降する時、それに追随してまず短期の移動平均線が動き、遅れて長期の移動平均線が動きます。この際、両線の反応の違いから価格差が生じます。
この移動平均線に生じるカイリをベースに、MACDは、上昇トレンドの初動から中盤にはゼロ付近ないしそれ以下から急速に上昇し、プラスの圏内で推移します。 逆に、下降トレンドの初動から中盤には、ゼロ付近ないしそれ以上から急速に下落し、マイナス圏内で推移します。
つまり、MACDがプラス圏内だと上昇トレンドで、マイナス圏内だと下降トレンドということになります。

売買サインは、MACDとシグナル線のクロスMACDとゼロラインのクロスMACDやシグナル線の方向の転換などが一般的に使用されます。
以前に反転した位置がその後の反転ポイントの目安となります。また、0ラインの前後で反転することも多いので注目してください。

MACDの見方

大きなトレンドが発生している時に、MACDが相場の流れと逆行した場合は、相場が天または底に近いことを示します。(例えば、相場が下降している時にMACDが上昇し始めた場合は、近い将来相場が底を打つ可能性があります。)

買いサイン

  1. なるべくマイナス圏で、先行するMACDが遅行する同平均(シグナル)を下から上に抜いた時(ゴールデンクロス)
  2. (1)の後に2本のMACDがともにゼロのラインを上回れば、信頼度が増します

売りサイン

  1. なるべくプラス圏で、先行するMACDが遅行する同平均(シグナル)を上から下に抜いた時(デッドクロス)
  2. (1)の後に2本のMACDがともにゼロのラインを下回れば、信頼度が増します

MACDの売買ポイント

MACDの欠点

MACDの欠点は、じり高、じり安のトレンドが続いているような場合に、一時的に下向きになってもゼロまで下がらずにプラス圏内で横ばいになったり、一時的に上向きになってもゼロまで上がらずにマイナス圏内で横ばいになったりするケースがあります。

この他、横ばい相場ではダマシのシグナルばかり出てしまうことや、相場の天井や大底付近では株価は1日に10%以上も動くこともあり、MACDは移動平均線をベースに使っているだけで、株価の動きが短期間に激しく上下動すると把握できないという欠点もあります。

MACDの作成方法(計算式)

MACD=基準線-相対線

基準線(EMA):過去12日(週・月)間の終値指数平滑平均
相対線(EMA):過去26日(週・月)間の終値指数平滑平均

EMA=B+α(A-B) A:t期の終値
B:(t-1)期における平均値
α:平滑化定数 0≦α≦1
α=2/(n+1)
n:平均する期間

同平均(SIGNAL)=9日(週・月)間のMACDの移動平均線

MACD上級編:ダイバージェンス現象とは

高値圏、安値圏で、株価が以前の高値(安値)水準よりも上昇(下降)しているにもかかわらず、以前の高値(安値)をつけた時の水準よりも下(上)に位置している現象のことです。

MACDが底を打つ時(時点Bとする)、その水準が前回つけたMACDの底(時点Aとする)の水準よりも高いにもかかわらず、時点Bの株価が時点Aの株価よりも安ければその後大きく反発する可能性が高いとされます。

MACDのダイバージェンス現象をチャートで解説1
また、MACDが天井をつける時(時点Dとする)、その水準が前回つけたMACDの天井(時点Cとする)の水準よりも低いにもかかわらず、時点Dの株価が時点Cの株価よりも高ければその後大きく反落する可能性が高いとされます。

MACDのダイバージェンス現象をチャートで解説2

MACDとRSIを組み合わせた売買パターン

MACDは移動平均線がベースとなっており、本来は株価の動きの変化を捉えるための指標です。そのため、株価の売られ過ぎや買われ過ぎといった過熱感は判断することができません
そこでオシレーター指標の一つであるRSIを組み合わせるのがお勧めです。

RSIとは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測しようとする指標です。
直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅、つまり、上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを示しています。
一般的にはRSIが70%以上であれば買われすぎ、逆にRSIが30%以下であれば売られ過ぎであると判断します。

MACDに、このRSIを組み合わることで、買いシグナルの精度を高めることができます。
MACDもオシレーター指標に分類されますが、株価の買われすぎや売られすぎを判断することができません。そこをRSIによって欠点を補完することができ、勝率を高めることができるのです。
→RSIについてはコチラ

買いポイント

  1. 株価が下落し、14日RSIが20%以下になったのを確認する
  2. その後にMACDがゴールデンクロスしたらエントリー

※RSIの20%以下とMACDのゴールデンクロスは同時には起こりにくく、多くの場合、RSIが20%以下になった後に、MACDが遅れてゴールデンクロスとなります。
またRSIは一般的に30%以下で売られすぎと判断しますが、MACDと組み合わせる場合は、20%以下とする方が精度が高くなります。

利益確定の目安

MACDがデットクロスする、または14日RSIが80%になった場合

MACDとRSIを組み合わせた売買パターン


※動画が見られない方は https://youtu.be/H0sB8jeDepE をご覧ください。


執筆者紹介

伊藤正之
株式会社ストック・データバンク代表
手掛けた株価分析ソフト「株の達人」は、25年以上、延べ1万人以上の個人投資家の方々にご愛顧いただいています。(2021年1月現在)
同会員向けサイトでは、「日経平均株価の動き」等のチャート分析を活かした市況解説などでも会員の方々にご好評をいただいてます。

青木智
国際テクニカルアナリスト連盟認定テクニカルアナリスト(CFTe)保持者
元・株式会社ストックデータ・バンクの投資コンテンツ担当。
現在はフリーランスで投資関連のコンテンツ等を手掛け、株の達人の会員サイト等にも動画や相場解説などのコンテンツを提供。
登録者数2.25万人以上(2021年1月現在)の株の達人Youtubeチャンネルの動画も手掛ける。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ