スイングトレードで上下の波に乗るコツ

日経平均株価は先日に26,000円を付けており、強く上昇し続けています。個別株も決算発表が終わり、買われる銘柄と売られる銘柄とがはっきりとしてきています。そのため、しっかりとチャートの動きを読み取っていくことが重要となります。そこで今回はスイングトレードにおける上下の波に乗るコツについて解説いたします。

株価の動きとは必ず上下に動きながらトレンドを形成していきます。そのため、その波をうまく捉えていけば、スイングトレードで利益を取ることができます。早速チャートで見ていきましょう。

このようなチャートのパターンでは、25日移動平均線や75日移動平均線が右肩上がりで上昇していますが、短期間の方向は頻繁に変わっているのがわかります。この方向は株の達人の転換足を使うとわかります。赤が上昇で青が下降と色で方向感がわかるので、スイングトレードにおける波を捉えることが簡単にわかります。

これをローソク足だけで判断しようとすると、どうしても惑わされないようなコツが必要となります。株価が上昇しそうであればエントリーし、反落しそうであれば手仕舞いするということを繰り返していくことで、スイングトレードはトータルで利益を積み上げることができます。またスイングトレードでは、こういった上下の波を意識しながらトレードしていくことが非常に重要となります。

本日は、このようなスイングトレードのポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 転換足(株の達人オリジナル指標), スイング パーマリンク