移動平均線の状態でわかる上昇トレンド初動のチャートパターン

日経平均株価は29,000円の節目付近で売り買いの攻防が続いています。ただ個別株は新高値更新銘柄も増えており、決算発表などをきっかけに強く買われる銘柄も増えています。そこで今回は移動平均線が上昇トレンド初期の状態のチャートパターンを解説いたします。

こちらのチャートパターンでは短期から長期までの移動平均線が上から順に並び、各線が上向きになり始めた時期が上昇トレンドの初期となっていることが確認できます。株価が上昇トレンドになる際は短期から長期までの移動平均線が上向きの状態で上昇が続いていきます。

また移動平均線のいち関係も短期から長期までの各移動平均線が上から順番に並ぶ状態になることで上昇が強まり高値更新していきます。移動平均線で見る上昇トレンドの初期状態では、各移動平均線が短期から長期の順番になり始めたばかり時期となります。そのため移動平均線が横ばいから、徐々に位置関係や傾きが変化する時時を見逃さないことが重要です。

株の達人の銘柄選択では、このような移動平均線が上昇トレンドに転換し始めた銘柄を簡単に見つけることができます。標準条件に「上昇トレンド初期の銘柄」という条件があるため、難しい設定も必要ありません。今回はこのようなポイントを動画で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 パーマリンク