初めてでもわかるRCIの見方・使い方

日経平均株価は、一時31,000円を上回るところまで買われましたが、利益確定売りに押される展開となっています。今回は初めてでもわかるRCIの見方や使い方を解説いたします。

RCIは他のオシレーター指標の株価の上下の動きに合いやすく見やすい指標です。一定期間の株価の価格を順位付けし日付の経過との相関関係を表した指標です。株価の高値や安値は考慮していないのも特徴のひとつです。

RCIはプラスマイナス100%で推移しますが、基本的な見方は-80%以下で底値圏、+80%以上で高値圏と判断します。買いタイミングとしてはRCIが0%を割り込み-80%近くまで到達した際に買い場と判断します。また株価が前回の高値を超えずにボックスの動きであれば、RCIで底値と高値を判別して売り買いのタイミングを判断することができます。

ただし、株価が年初来高値を更新し始めると、RCIは高値圏に到達後も上に張り付く状態となるため注意が必要となります。逆にこの現象を利用して利益を伸ばす判断も可能となります。今回はこのようなRCIの見方や使い方をわかりやすく動画で解説いたしました。ぜひ御覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, RCI パーマリンク