株価が最も上昇しやすいチャートのパターンとは?

日経平均株価も急反発しており、急騰銘柄も増えております。本日は、株価が最も上昇しやすいパターンについて見てみましょう。上昇が長続きする銘柄には、移動平均線に特徴があります。まずはチャートを見てみましょう。

画像には10日移動平均線、25日移動平均線、75日移動平均線が表示されています。各移動平均線の傾きに着目します。

移動平均線の傾きとは、現在の株価の方向だけでなく、将来の株価の方向性も表しています。つまり短期間の方向、中期の方向、長期の方向が、すべて上向きであった時、株価が最も上昇しやすい状態になります。

株価が最も上昇しやすい状態になって、はじめて転換足の赤が連続しやすくなります。移動平均線の方向が揃わない時は、転換足であっても方向性がはっきりせずに、転換が細かくなります。

今回はこのようなポイントを、動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: チャートの見方(売買タイミング) パーマリンク