225ミニ先物のデイトレでお勧めの設定画面

NY市場の乱高下は収まることなく、日経平均も同じように上下に大きく動いています。そのため先物のボラティリティも高まっており、デイトレのチャンスが増えています。

今回は、225ミニ先物のデイトレにてお勧めの設定画面を見てみましょう。ミニ先物のデイトレは、1分足や5分足を見ながら売買している方が多いかと思います。しかし短い時間足だけ見ていると、目先の動きに惑わされることが多くなってしまうのも事実です。

そこで、お勧めなのは60分足で、株価のおおまかな動きを確認することが大切になります。60分足では、現在が上昇傾向にあるのか、下落傾向になるのか、ボックスなのか、保ち合いなのかを判別するために確認します。株の達人のマルチチャートでは、2画面表示が可能となっており、5分足と60分足を同時に見ていくことで、無駄なトレードを減らし、確率の高いポイントでエントリーすることができます。

この画像のように、マルチチャートでは5分足と60分足を同時に表示することができるため、トレードする際には大変有利です。先物でトレードしている多くの方は、目先の動きだけに集中してしまう傾向があり、結果的には価格の値動きに振り回されてしまうことになります。本日は、このような2画面の設定方法を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: デイトレ, 先物 パーマリンク