売買タイミングが色でわかる!「転換足」を使ってみよう

日経平均株価は膠着状態が続いており、個別株も方向感が定まらない状況となっています。そこで今回は株価の方向や売買タイミングが掴める転換足を解説いたします。

転換足とは株価の短期間の方向を色で判別できるように、株の達人が独自に開発したテクニカル指標です。見方は非常にシンプルで赤が株価の上昇、青が株価の下落を表します。ローソク足は1日単位ごとの上下の動きがわかりますが、転換足は数日間の株価の方向性が視覚的にわかります。チャートで見てみましょう。

また転換足は株の達人独自の算出方法により作られています。短期間(2日~4日)の売買に有効な買い場、売り場を判断するための最適なチャートです。基本的なタイミングの取り方は以下の通りです。

青から赤に色が転換したら上昇の買いのサイン

赤から青に色が転換したら下落の売りのサイン

このように転換足の見方は非常にシンプルですが、単純に色の転換点だけで判断するのはなく、移動平均線によるトレンドも合わせて見ていく必要があります。今回はこの株の達人オリジナルの転換足を動画で解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: 転換足(株の達人オリジナル指標) パーマリンク