転換足を使った押し目買いトレード

日経平均株価は23000円を下回らずに底堅い動きとなっていますが、上値も重い動きとなっています。個別株は上昇トレンドの銘柄が関しては下がっても、しっかりと買われている銘柄も多く見られます。そこで今回は株価が下落調整したポイントで狙う、押し目狙いのトレードを転換足を使って見ていきましょう。

押し目買いとは、株価が上昇トレンドの際に、一時的に下落したところで狙うトレードのテクニックです。株価が上昇する際には、必ずといてよいほど、上昇と下落を繰り返しながら、徐々に高値を更新して上昇していきます。その上下の株価の動きを捉えて、下落した後の下げ止まりを狙うと、ベストなタイミングで買うことができます。

チャートで確認しておきましょう。

このチャートパターンは強い上昇トレンドから、25日移動平均線まで下落調整して反発上昇した押し目買いのパターンです。このように、25日移動平均線や75日移動平均線が上向きでれば、株価が下がっても下支えるサポートとなります。このタイミングを狙う際に、株の達人の転換足を使えば簡単に判断することができます。転換足は株価が短期的に下がり始めると、一時的に青に陰転しますが、その後に赤に転換すれば、そこが押し目買いの絶好のチャンスとなります。

今回は、このようなポイントを動画でわかりやすく解説しておりますので、ぜひご覧ください

カテゴリー: テクニカル指標, 転換足(株の達人オリジナル指標) パーマリンク