MACDと移動平均線でわかる株価が下げ止まるポイント

NY市場が史上最高値を更新している中で、日経平均株価は今だ上値が重く、下落傾向が続いています。また個別株も日経平均株価に連れ安する形で売られている銘柄が増えています。そこで今回はMACDと移動平均線でわかる株価の下げ止まるポイントを解説いたします。

MACDの基本の買いパターンとしてはMACDラインとシグナル線がゴールデンクロスするポイントになります。ここが株価が底打ちした買い場となり、基本的なエントリーポイントとなります。このMACDの基本的な売買ポイントに加えて、移動平均線を組み合わせると、より精度を高めることができます。

こちらは75日移動平均線で株価が下げ止まったパターンとなりますが、このように移動平均線は株価の下落をサポートすることも多く、同時にMACDによるゴールデンクロスで買いポイントを判断することで上昇確率を高めることができます。このテクニックは長期で上昇トレンドになっている銘柄が大きく下落した場合に有効です。株価の下げ止まりのポイントはMACDだけでも判断はできますが、移動平均と組み合わせることで、下げ止まりのポイントを的確に捉えることができます。今回もこのようなポイントを動画でわかりやすく解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: MACD パーマリンク