上昇トレンドの初期のチャートパターンと銘柄選び

日経平均株価は30,000円の節目を突破しており、非常に強く上昇しています。これによって、個別株も多くの銘柄が買われており、高値更新する銘柄も非常に増えてきています。そこで今回は、まだ出遅れている銘柄を見つける意味でも上昇トレンドの初期のチャートパターンと株の達人を使った銘柄選びを解説いたします。

株価のトレンドは短期から長期までの移動平均線が全て上向きになることで上昇トレンドに転換して高値更新していきます。そのため初期の状態とは移動平均線が上向きになり始めたばかりの時期ということになるため、上移動平均線が横ばいまたは下向きから、上向きに転換する時期を正確に見極める必要があります。

このように短期から長期までの移動平均線の位置関係が切り替わり、上向きになり始めた時期が上昇トレンドの初期状態となります。一見すると、まだそれほど上昇していないため上昇トレンドの初期状態に見えないこともありますが、やはり移動平均が徐々に上向きに転じていることがわかります。今回はこのような銘柄のチャートパターンや銘柄選択の使い方も動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 銘柄選び(スクリーニング), 移動平均線 パーマリンク