転換足でわかる売られすぎた銘柄の下げ止まるポイント

日経平均株価は32,000円の節目付近で横ばい状態となっており、上値が重い展開が続いています。個別株は決算発表で材料が出た銘柄を中心に物色相場となっています。今回は転換足でわかる売られすぎた銘柄の下げ止まるポイントを解説いたします。

転換足は青が下落方向、赤が上昇方向を示すため、青から赤の転換点が買いタイミングとなります。そのため青が連続していくと、株価は売られすぎ状態になります。特に数週間、青が連続している状態では売りが断続的に入ってきている状態にあるため、過剰に売り込まれていると判断できます。加えてRCIは売られ過ぎの状態から下に張り付いており、振り切れている状態にあります。

このような売られすぎ状態から転換足が赤に陽転すると、下げ止まって反転上昇する可能性が高まります。株価が下げ続けいている状態から転換足が上昇転換すると、その後も赤が連続して上昇する可能性が高まります。

本日はこのような転換足のポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 転換足(株の達人オリジナル指標) パーマリンク