移動平均線のパーフェクトオーダーを見極める方法

日経平均株価は大発会から切り返し、ついに34,000円の節目も超えてきました。個別株も昨年高値を早速、上抜ける銘柄も増えており、2024年は幸先の良いスタートとなっています。今回は移動平均線の強い上昇パターンである移動平均線のパーフェクトオーダーを見極める方法を解説いたします。

株価が上昇局面において、短期から長期までの移動平均線が上から順番に位置しており、各移動平均線が上向きの状態となり、このパターンをパーフェクトオーダーといいます。これは移動平均線の上昇パターンでも最も強い形で、この状態が確認できれば、買いで狙うか、持ち株の場合はホールドしていきます。

また重要なのは、このパーフェクトオーダーの初期の状態を見極めることです。まずパーフェクトオーダーになる段階として、最初に株価が保ち合いの高値や過去の高値を上抜けて更新します。その後に短期の移動平均から順番に上向きに転換していきます。また最後に75日と200日移動平均線がゴールデンクロスします。このような転換する順番を確認して、事前にパーフェクトオーダーになりそうな状態を判断します。本日はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: テクニカル指標, 移動平均線 パーマリンク