東証2部 3113 Oakキャピタルのリクエスト分析

「408円で1300株もっています。動いてきたので今後どうすればよいかアドバイスお願い致します。」と、リクエストいただきました。

証券コード6731ピクセラ(図1)の大株主として注目されています。

同社はグーグル主催の開発者向けイベントにおいて、グーグルのテレビ事業のパートナー10社のうちの1社として紹介された とのことで急騰し、本日もストップ高となっています。出来高が高水準を維持している間は、人気が衰えていませんので高値を更新していく可能性はまだありますが、連騰が続いていますので大幅な短期調整に注意も必要です。

さて、本来のご質問Oakキャピタルの週足チャート(図2)を見てみましょう。

400円台での購入とのことですので保有時期は2014年~2015年、現物でのお取引のようでございます。ようやく戻してきたところではありますが、今回の材料を元に、一気に買値まで戻すのは難しいところです。
2015年に長らく続いた保合いのレベルは300円近辺。さらに価格帯レシオを見てみますと、340円近辺にはしこりがあります。この水準は上値抵抗として強く意識されそうです。

成長性や将来性といった意味では期待できますので、じっくり長期で持つのも一考です。
ただ、今回の上昇を機に上値追いの展開となるかは人気のバロメーターである出来高の推移に注目してみて行く必要があります。一過性のものであれば、出来高は急減していきます。人気が衰えず出来高の高水準が続けば、上記の抵抗帯も、売りものを吸収しつつ突破できるでしょう。
一方、来週以降 出来高が急減してくるようであれば、今回の上昇が戻り高値となり急騰銘柄を売る短期筋の売り物も出やすくなりますので注意が必要です。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 3191 ジョイフル本田のリクエスト分析

「6月8日 急落しました。公開買い付けとか?よく解りません。会社の財務基盤が良好になり、会社にとって、良い方向に向かうと考えてよいのでしょうか?実は、6月8日 涙の損切りを しました。ご意見伺いたくお願い申し上げます。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

6月8日に発行済み株式数の31.58%に相当する1630万株を上限に自社株にTOB(公開買付)をかけることが発表されました。
自社株買いが行われると、市場に出回る株数が減少し需給が改善するため、株価を適当な水準に回復させる効果があるといわれています。また、利益が一定で流通する株数が減れば、1株あたりの利益率やROE(株主資本利益率)が改善するため、株主還元策として捉えられることが多く、目先の材料としては本来好感材料です。

ただ、今回TOB価格は1株につき3497円、前日終値に比べ7%近く安い水準に設定されたことから、株価はその価格にサヤ寄せする動きが先行し翌6月9日に急落となりました。アナウンス効果も含めて目先の材料が市場で消化されるには3日程度ですので、まずはしっかりとその後の動きを見極めていくのが肝心です。

続いて週足チャートを見てみましょう。

株価は上昇基調ですが、先日の急落で下値支持線である26週移動平均線(水色)に接近する展開となっています。
まずはこのラインを維持できるかどうかが目先のポイントです。

当該企業ホームページのIR上方によると、買い付け期間は平成29年6月9日(金)から平成29年7月6日(木)までの20営業日となっています。単純に「自社株買い=株価上昇」というような構図にはなりませんので過信は危険ですが、26週移動平均線を大きく割れることなく足元を固めることがでれば、押し目として見ることもできそうです。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 9432 NTTのリクエスト分析

「最近何故か?!上昇基調ですが、上値のメドは、どう見たら良いのですかね?宜しくお願い致します。」と、リクエストいただきました。

5月15日の決算発表以降、上値試しの展開が続いています。
18年3月期の連結業績予想で、営業利益・純利益とも過去最高益を見込んでいることが好感されました。また、年間配当も前期比30円増の150円となっており、この増配のニュースも支援材料となっています。

それでは、週足チャートを見てみましょう。

ご覧のように、今年1月の高値(5,135円)を上抜け、長く続いた高値保合いをブレイクしてきました。目先は、昨年2月の高値(5,419円)を突破できるか否かが最大の焦点です。仮に、この水準で上値を抑えられるようですと株価水準は高値圏ですので急激な調整に注意が必要です。
しかし、足元の日経平均株価が心理的な節目である2万円を伺う動きとなっていることは支援材料です。大型の株ですので跳ね上がることはないにせよ、日経が大台突破となれば、じわじわと上昇していく展開が予想されます。

続いて、月足チャートを見てみましょう。

2月高値を抜けた場合、ここから先の上値の焦点は99年11月の高値(9,700円)と11年3月の安値(1,610円)の半値戻し(5,655円)となります。「半値戻し」は相場格言などでもいわれるように全戻しにつながると言われています。半分戻ってくることができれば強い相場と考えることもできますが、下で既に買っているようであれば、利食いをいれるポイントと見ることもできます。
半値戻し達成となれば、次の上値のポイントは61.8%戻し(6,609円)。
全体相場が明るく推移することに期待したいところです。

カテゴリー: チャート分析 |