東証1部 5741 UACJ のリクエスト分析

「信用買い残が急増している割に株価はさえない状況のようですが、中長期で見て、下値の目途はどのくらいになりそうでしょうか。よろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

8月2日の決算発表を受け、窓を開けての急落となりました。通期予想に変化はなく控え目な内容であっことが失望売りを招いた格好です。
窓を埋めに行けない間は、信用の買残が増加していることからも戻りが入れば売られやすい展開が続くでしょう。
しかし、決算内容的には決して悪いというものではないため、ここから更に売り崩すといった向きは限定的ではないかと考えます。低位株でもあり、仕掛け的な売りが入ったとしても利幅はあまり望めません。

目先は、今年4月安値(272円)を維持できるかどうかが下値のポイントです。

ただし、株価は10日移動平均線(桃)を上値の抵抗に下降基調であることには変わりませんのでここを割込んできた場合は、下振れに注意が必要です。

これから中長期で仕込むのであれば、下げ止まりと反発を確認してからの方が良さそうです。また、9月27日に株式併合が予定されていますのでイベント通過後の方がポジションを継続しやすいかと思います。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 1815 鉄建建設 のリクエスト分析

「建設会社の中では出遅れ気味で、以前から注目していましたが、今回4-6月の業績が非常に良く、中長期で保有したいと考えております。何か注意する点がありましたら、ご教授いただけないでしょうか。よろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、週足チャートを見てみましょう。

足元の株価は、移動平均線収斂からの立ち上がり。また、13週移動平均線(緑)を上回る上昇基調となっています。右肩上がりの13週移動平均線を、株価が上回る間は上昇基調が継続中と見ます。中長期トレードであれば、押し目待ちで買い場を探るスタンスでよいかと思いますが、ボックスの高値付近では売りものも出やすくなりますので注意しましょう。

目先の上値の焦点は、昨年12月の高値(375円)。この近辺は14年9月高値(534円)から16年2月安値(214円)までの下落に対する半値戻し水準でもあります。ついで、昨年8月高値(393円)。ここは長く続いた下降相場の最初の戻り高値でもあり、ここを突破できるか否かが、その後の上昇を占う上で最も重要なポイントと言えそうです。

一方の下値のポイントは、13週移動平均線(緑)。ここを下回ると売り転換となります。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 8020兼松 のリクエスト分析

「最近急に値動きが良く上がり始めています。ずーっと何年も塩づけでしたが買値近くになりました。売り時か継続か迷っています。ご指南お願いいたします。」と、リクエストいただきました。

長年保有していらしたとのことで、長期チャートで確認してみましょう。

月足の一目均衡表チャートを確認しますと、現状の株価は雲上、基準線(青)を転換線(桃)が上抜けゴールデンクロス。 長く続いた低迷期からの底固めが終了し上昇パターンに入ってきていることが分かります。
一昨年5月の高値234円を突破する動きを見せていることから、目先は上値追いの展開が予想されます。
現物での保有で、2ケタの株価にも耐えてらっしゃったのであれば、転換線(桃)を下値支持線に継続されてもよいかと思います。ただ、上値の目途は節目である300円がひとつのポイントとなりそうです。

また、仮に先ほど下値支持線としてあげた転換線(桃)を下回った場合には売り場となりますので注意して取組ましょう。

カテゴリー: チャート分析 |