東証1部 8078 阪和興業のリクエスト分析

「好業績ですが、株価が低迷している原因はどの辺にあるのでしょうか。購入単価3150円で、配当目的もあり、中長期で保有するスタンスです。以前にも同銘柄でリクエストさせていただきましたが、チャート分析をよろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

今年2月に中期的な売買指針である75日移動平均線(水色)を超えて一段高となりましたが、3500円手前では伸び悩みボックス相場となりました。

ご覧のように、下値ではこの75日移動平均線が何度もサポートとなり安定した動きをみせていましたが、5月に入ってからの急落で、これまでのサポートラインを一気に下抜ける展開となりました。

ただし、低PBR・PERで業績も良いため貿易摩擦の問題で5月に全体相場(日経平均)が急落したことで引っぱられる格好となっても、突っ込み売りが入る場面では買いも入り確りとした印象です。

当該企業の経営は、株主への継続的な利益の還元を重要政策として捉えており連結ROEは10%を超えています。株主の方をしっかりみている企業として一定の評価ができます。中期投資ということですのでそういった意味では、下値での買い支えに期待したいとことです。

しかし、テクニカル的には、戻りで3000円の大台が上値の抵抗となるようですと厳しくなってきます。戻り売りが想定される状態です。状況の好転は出来高増加などの強い変化があるか、ここから下値を切り上げる動きに向かうか、しばらくは状況観察が必要そうです。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 4568 第一三共 のリクエスト分析

「有望株だと思い、先日から買値を探しているところです。どうかご指導ください。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

10日~25日移動平均線が長期線を上抜き、立ち上がりの形状となっています。
株価も10日~25日移動平均線を上回り上昇基調です。

ただし、大型株の高値圏で出来高が急増した場合、買いたい人がたくさんいる一方、利益確定の売りもたくさん出るため、株価がピークを付ける可能性が高く注意が必要です。その後の出来高も減少傾向にあることなどから、下ブレする可能性があります。

目先は、10日移動平均線が位置する5000円の大台近辺が下値の支持となるかに注目。
この水準は、昨年の高値(10/3)でもあり、3月末に急上昇した日の安値水準でもありますのでこの水準を下割れするようですと、売り場となります。

買う場合は、この5000円の大台水準で下値を固め、反発するのを待ったほうがよいかと思います。
仮にココを割れてきますと、25日移動平均線まで下値サポートが見つかりません。

押し目買いと、売り場の両面から見る必要ありそうです。
時間をかけて見極める局面と考えます。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 6857 アドバンテスト のリクエスト分析

「2400円近辺は複数の移動平均線が集まっており、底固そうに見えるのですが、いかがでしょうか。下げ止まりを期待して購入を考えています。チャート分析をよろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

3/8に20日ボリンジャーバンドの中心線を割り込むと、バンドは拡大しその後は概ね-1σと-2σの間をバンドウォークするかたちとなっています。

本日は、あや戻し(下降相場が続く中で、一時的に少し値を上げること)を見せましたがMACDもDクロス中ですので、短期的に下方向にトレンドが出始めたところです。
確りと下げ止まりを確認できなければ値ごろ感で買うのは控えた方がよさそうです。

下値では、75日移動平均線が下値のサポートラインとして注目されます。図にはありませんが、長期線である200日移動平均線もこの近辺に位置しています。
したがって、75・200日移動平均線が集まっているこの水準は強い下値支持としてみることもできます。
75日移動平均線を支持線に押し目買いを狙う場合、逆に75日線を下回ることがあれば売りものが集まりやすくなることに注意しながら取り組むが必要があります。

転換足や、その他オシレーター系の指標の陽転を確り確認してからのエントリーがよいと思います。

カテゴリー: チャート分析 |