東証1部 8002 丸紅 のリクエスト分析

大型 商社 丸紅のリクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

長らく続いた上昇相場も、25日移動平均線(緑)を下抜けてきたことで一服。高値圏からの下落のため、25日移動平均線(緑)が上値抵抗として機能するようであれば、短期的には戻り売りでしょう。

フォーメーションは、ダブルトップ(5/22日高値895円、6/7高値899円)の形状となっているため、下方向への動きを強めた場合は、下は75日移動平均線(水)、ついで200日移動平均線(橙)近辺が下値のポイントとなります。
買いからエントリーする場合は、転換足の陽転(青から赤の転換)や、下段RCI(オシレータ系の指標)がGクロスから上向きに推移するのを待ち、確りと下げ止まりを確認してからが良いでしょう。

逆に、25日移動平均線を上へブレイクした場合は6月7日の高値899円が視野入りし、年初来高値を更新することになりますが、まずは25日移動平均線との攻防に注目です。

今後の動向を占う上では、まず上方の25日移動平均線、下方の75日移動平均線のどちらをブレイクしていくかを見極めたいところです。抜けてきた方に、今後トレンドが発生してくる可能性が高いでしょう。

また、別途チキンレースの様相となっている米中貿易摩擦関連のニュースには気を払わなければなりません。特に、大豆など穀物相場の下落には要注意。商社ですので、穀物の輸入などにともなう採算の悪化や、在庫の評価損などが懸念されます。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 6465 ホシザキのリクエスト分析

「いつも参考に見させています。ホシザキですが、長くきれいな上昇トレンドですが最近売り残が急に増えてきましたが、踏み上げ相場か短期高値圏なのか、判断迷います。決算もよさそうですが伸び悩んでる様に思われます。判断のアドバイスお願いいたします。よろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。
10・25日移動平均線が上向きで上昇基調は維持していますが、株価位置は高値圏で上値は伸び悩んでいます。
ただ、出来高が急減しているというわけではありませんので、上値は6月11日に付けた年初来高値11,630円、下値は前回のもみあいゾーンを上抜けした6月6日の安値11,200円の高値ボックス相場と考えます。ボックス相場ですので、上下どちらにブレイクしてくるのかをまずは見極めたいとことですので、今は様子見でしょう。

仮に、上方向へブレイクした場合は年初来高値を更新することになります。しこりがない分、伸びやすくなるかもしれません。踏み上げ相場に期待です。
ご覧の10日移動平均線を下値支持線に、トレンドフォローでついていく場合は、高値・安値が前回から切り上がっていくことを確認しながら取引しましょう。

逆に、下にブレイクした場合は、25日移動平均線近辺まで調整が入る可能性が高くなります。同水準まで下振れした場合は、ここで、押し目か下降転換かの判断をしなければならないでしょう。
必ず、MACDヒストグラムなどのオシレータ系指標の陽転を待ってエントリーするようにしましょう。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 4528 小野薬品工業 のリクエスト分析

「戻り基調でホールドしておりましたが、事業環境の変化で大きく下げました。中長期的な見通しをご教示ください。」と、リクエストいただきました。

小野薬品のがん免疫薬「オプジーボ」は、夢のがん治療薬とうたわれ材料視されてきましたが、米メルクの「キイトルーダ」が競合薬として台頭してきていることが大きな懸念要因です。

週足チャートを見てみましょう。

東証大型の銘柄ですが、日経平均が上昇しているにもかかわらず上値は限定的です。
加えて、戻り局面では前回急落時の窓を埋められないまま反落。下値では信用買いが下支えとなっていることから、期待の大きさは伺えますが、急落後の戻りが弱いことが気がかりです。

チャートの形状は、下降基調。信用倍率は46.8倍と買残が多くあるため、戻りは売り場となります。しばらく買いは見送りでしょう。

ただ、「オプジーボ」に関していえば腎細胞がん一次療法や肝細胞がんなど多くのがん種への適応拡大への期待が十分に織り込まれていないとする向きもあります。しかし、期待が多きすぎた分、好業績にも反応は限定的です。

なので、ホールドされている分に関しては、長期戦となりそうです。
5月10日に決算発表がありますので、内容の確認をまずしていきましょう。
テクニカル的には、昨年9月の安値2,185円が維持できるか否か。割り込んだ場合、一段の下げが想定されますので注意が必要です。

カテゴリー: チャート分析 |