東証1部 3756 豆蔵ホールディングスのリクエスト分析

「お世話になっております。2018.4月@1250で500株購入しました。
もうそろそろ離す方がいいかとも思いつつ、もう少し高値を追っても…と迷っております。ご教授下さい。」と、リクエストいただきました。

それでは、週足チャートを見てみましょう。

今回を含む 過去2回の長期上昇局面では、ご覧のように13週移動平均線(緑)が下値のサポートとして機能してきたことがわかります。

継続保有を考えるのであれば、トレンドの継続性を確認していく作業が都度必要になります。

足元では、5週移動平均線(桃)の1573円や7/16の高値1539円が下値のポイントです。ここを割れると13週移動平均線近辺まで調整を入れる可能性が高くなります。

その際は、利益幅が減少するリスクをとりつつ、次の反発を待つことができるかどうかという判断が必要となります。

中期上昇トレンドの継続性は、この13週移動平均線が下値支持となるか否か、ちょうどこの水準に昨年2月の高値1422円もありますので注目されます。

MACDはGクロスした後も上昇中ですが、下段のヒストグラムと合わせて確認いただき、ヒストグラムに今後減少傾向が見られる場合はDクロスに注意です。

一方、上値の焦点は8月第3週大きく上長ひげをつけた週の終値が1700円付近にありますので、ここを突破できるか否かがポイントとなるでしょう。1700円以上は売りものが台頭しやすい形状ですので注意が必要です。

「利食い千人力」ということわざがあるように、利確して利益なので個人的には一旦利確して調整局面では再度押し目を拾えるよう準備すべきかと考えます。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 9432 NTTのリクエスト分析

「配当目的で中長期保有していますが、チャート上はまだ上昇トレンドを維持していると見てよろしいでしょうか。ご助言をよろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、中期目線とのことですので週足チャートを見てみましょう。

昨年11月の安値から引いたトレンドライン(赤)が下値支持となっているとともに、
戻り高値も切り下がってきており(青)、大きくは三角保合いの形状となっています。

下値のポイントとしては、26週移動平均線(水色)が意識される展開となっており、昨年末からの上昇トレンドは、辛うじて維持されている格好です。

ただし、MACD指標では目先デットクロスしているなど、下値リスクは高まっていますので注意が必要です。

また、三角保合いは放れた方(上放れor下放れ)に転換と見ていきます。

全体相場が足元の米中貿易摩擦のニュースや為替の円高進行で、荒っぽい相場となっていますので、高配当は魅力ですが、その時になって慌てないためにも、予め利食いと損切のラインをしっかり決めておくことも重要でしょう。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 7433伯東のリクエスト分析

「購入後、1300円まで上がりましたが、また購入価格近辺まで戻って来てしまいました。中長期で保有の予定でしたが、この頃相場が不安定なため、少し下がるとつい不安になってしまいます。まだ保有継続で大丈夫でしょうか?よろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、週足の一目均衡表チャートを見てみましょう。

今年に入って下値を固める動きを見せつつ、7月初旬にはボックスの上限(3/8高値1270)一時突破する動きを見せました。

しかしながら、上には一目均衡表の分厚い雲が上値抵抗として横たわっています。

この雲、つまり先行スパン1と先行スパン2の間ですが、広ければ広いほど抵抗帯や支持帯としての機能が強くなる傾向があります。
現在、株価は雲下にありますので上値では、雲下限をまず強い抵抗線として意識しなければなりません。

一方の下値のポイントは1209円、一目均衡表の転換線(桃)・基準線(青)の位置するラインです。ここが、まず下値支持線となるか注目です。
ここを割込みますと、昨年12月と今年5月の安値を結んだサポートライン(赤)近辺まで落ち込むことも想定されます。

また、下段のオシレータ指標で確認しますと、高い位置からDクロスしてきているのがわかります。
オシレータ指標は、相場のリズム(波動)を見ることができるのですが、このことから、一旦はボックス下限を伺う動きが強まりやすい商状です。

保有されているポジションは中長期とのことですが、継続保有が可能かどうかは、当初の戦略と各々資金量などによって変わってきます。
機能している支持線を割れたら、もしくは直近安値を割れたら、サポートラインを割ったらなど、最終的にはトレーダーの判断となります。

その時になって慌てないためにも、予め利食いと損切のラインをチャートのポイントなどを確認して、決めておくことが重要かと思います。
当初の目論見から外れた場合は、早めの対処がベストですが、最終ラインは、図に赤で引いたラインを目安としてください。

カテゴリー: チャート分析 |