東証1部 6409キトーのリクエスト分析

「チェーンブロックのメーカーで、米国トランプ政権下での公共事業の拡大により業績好調のようなので、買いたい銘柄ですが、2月中旬に短期的な急騰してしまい、今買うと高値掴みしそうで躊躇しています。信用残は圧倒的に売り残が多いので、好業績が継続されれば、踏み上げ狙いで買いたいのですが、アドバイス頂ければ嬉しいです。」と、リクエストいただきました。

それでは、長期の月足チャートを見てみましょう。

上場時近辺で付けた高値を超え、この高値水準は維持している状態です。
上にしこりはない状態といえますが、株価は6ヶ月移動平均線から大きく上離れしており、高値警戒感も台頭しています。強ければ上げ余地を残している場合もありますが、ここからは高値保合いからの急調整といったリスクが高くなりますので中長期目線では買えない水準です。

続いて、日足チャートをみてみましょう。

75日移動平均線(水)は上向き、かつ株価は25日移動平均線(緑)を下値支持線に上昇基調を続けてきましたが、直近の動きを確認しますと、高値での保合いが続いたことから10日移動平均線(桃)短期線が下向きはじめ、これが上値の抵抗となっています。
通常は、株価が25日移動平均線を下値支持線に上昇を続けている間は押し目買いも検討できますが、目先ローソク足の陰線が目立っており、戻り売りが上値を重たくしていますので、やはり買いは見送りでしょう。ボックスの高値を試す仕掛け的な動きがあれば、出来高の薄さ故に、短期的に吹く可能性もありますが、注意も必要です。
継続保有には出来高の増加が必要でしょう。

一方、ご指摘のように業績は堅調のようです。
日本国内では、国内・輸出ともに足元ではインフラ関連に加え、民間設備投資が堅調。
米国では、経済政策に対する期待感の高まりから設備投資需要が堅調に推移したことが好材料視されています。地域別セグメントを確認しますと、日本・米国で構成比はほぼ80%を占めていますので、東証小型の銘柄ではありますが、米国経済の行方や日経平均の動きも確認しながら取り組みましょう。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 2914 JTのリクエスト分析

「いつも参考にさせていただいています。5年前の価格水準まで下落してきました。中長期保有で検討しているのですが、今後の予想をお願いできないでしょうか。」と、リクエストいただきました。

それでは、長期の月足チャートを見てみましょう。
ご指摘の通り、株価は4~5年前の水準まで下げてきました。3,000円水準がポイントとしてとらえることができますが、フォーメーションは三尊を形成している様に見えます。仮に3,000円を株価が割ることがあれば、下方向へのリスクが高くなります。
緑色の移動平均線は1年移動平均です。株価は同線を上値の抵抗線に下げ続ける間は、下降基調です。

続いて、週足チャートを見て見ましょう。

上段は日経平均株価、下段がJTです。
2月に入ってからの急落で、どちらも大幅な下落を余儀なくされています。
ただし、今回の下落に関して言えば全体相場(日経平均)は上昇基調の押しと見ることもできますが、JTの場合は下降相場継続中に一段の下げを見せた格好となっており、打診で買いがボチボチ入ってきている日経平均と比べると、戻りもないことから相場の弱さが感じられます。

相場の基調が下降基調であれば、5年来の安値水準であっても安値は切り下がっていくリスクが高くなります。長期目線であっても、下げ止まる動きになるまでは買いは見送りです。また、下降基調の相場では、戻りは売られる傾向がありますので注意が必要でしょう。戻りを高値を試す場合も、3,500円を突破できるか否かは大きな焦点となりそうです。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 8411 みずほのリクエスト分析

「米国債の金利が上昇してきました。今後、中長期での保有を考えており、目先の動きはあまり気にしていませんが、3~5年で2倍くらいの値上がりを期待しているところです。出遅れていた銀行株の買い場がようやく来ている?と思いますが、分析をよろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

1月31日のFOMCの内容がややタカ派寄りだったことから米国10年債利回りが上昇したことで、銀行株や生保・リース関連株などには追い風と見られていました。しかし、先週末の米国雇用統計で、平均時給が高い伸びを示したことから米国の10年債金利が急上昇。

ご覧のように(上図)、これまでの高値水準を上抜け2.84%を示現。3%台が視野入りしています。しかし、急激すぎる金利上昇は、かえって市場のセンチメンタルを悪化させる結果となり本日の日経平均株価は、米国株の大幅安を受けて全面安となりました。
このことから、長期目線でも今後の米国金利の動向と米国株式の動きには注意を払う必要があることがまず言えます。

それでは、みずほの週足チャートを見てみましょう。

各種移動平均線は収斂し、ボックスでの推移となっています。下値では、今のところ26週移動平均線と50週移動平均線が下値支持線として機能してしますが、この水準を下抜けするようであれば、ボックス下限水準までの下げを下値目処と考慮しなければなりません。3年~5年という長期スタンスであるということですが、長期チャートでは方向感は捉えづらい状況です。年央から年末までに、ボックス上限水準を超える上昇がみられるか否かが焦点となります。大型株ですので、2倍・3倍という数字を議論することは難しいとことです。

しかしながら、連結PERは0.6%と低水準。また、配当3.6%は魅力的な値です。
株価は割安ですので、下振れリスクには気を付けながら取組みましょう。

カテゴリー: チャート分析 |