ジャスダック 6324 ハーモニック のリクエスト分析

「漸く戻しつつありますが、なかなか買値の平均6000円に届きません。貸借倍率から見て上昇を期待しておりますが、今後の展開についてアドバイス下さい。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

25・75日移動平均線は200日移動平均線を下回る状態ですが、10日・25日移動平均線はそれぞれ75日移動平均線をゴールデンクロスしていますので、上昇の初動の段階とみることができます。

ただ、上方には200日移動平均線が上値抵抗線として4000円の大台近辺に位置していますので、まずはこの200日線との攻防に注目です。

年末の下降(12/4高値:4210円から1/4安値2730円)から、反発を見せた局面で売残が増加してきています。このため、戻り売りを狙っていた向きは4000円の大台に乗せてきたことで警戒感が台頭しています。

上値の抵抗として機能している200日線並びに12/4の高値を突破していく動きが見られるようですと、踏み上げ期待も高まります。仕掛け的な買いがでてくる可能性もあるでしょう。

ただし、4000円の大台並びに短期的な支持線として機能している10日移動平均線を大きく割り込むようですと、失望売りから保合い相場がしばらくつづくことも考えられます。200日線の攻防を見極めましょう。

下段のSRV-K・D(オシレータ系の指標)を見てみましょう。高値更新している間は高い水準で横ばいをみせますが、80割れから下方向の動きを見せるようですと注意が必要です。トレンド系の指標と合わせてチェックしてみてください。

なお、6000円の買値付近までに戻すには、長期的な展望が必要です。25日移動平均線を下値支持線に上昇基調を維持できるかどうかを確認していきましょう。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 5702 大紀アルミニウム工業所のリクエスト分析

「8078阪和興業の分析ありがとうございました。参考にさせていただきます。引き続きのリクエストで恐れ入りますが、こちらの銘柄も購入を検討しているところです。PER割安で、営業利益も通期で上ブレする可能性があると見ています。度々すみませんが、よろしくお願いします。」と、リクエストいただきました。

それでは、週足チャートを見てみましょう。

株価は下向きの26週移動平均線を下回る下降相場の状態ですが、直近では13週移動平均線を上抜けしてきており下げ渋りも見られます。

ここから先の上値の焦点は、まず26週移動平均線の648円。ここが戻り局面で突破できないことがあれば、テクニカル上では戻り売りが入りやすい形状となりますので注意が必要です。
10月に戻り高値を試しに行く場面で抵抗として機能した50週移動平均線も同様です。

信用倍率は10.0と高水準で、日頃の取引量と比べると5~6倍近い買い残があります。
10万株の自社株買いのニュースは下値の支援材料にはなりますが、上値で伸び悩むようですと失望売りや、積み上がっている買残の整理が進んでくる可能性があります。

戻り高値では上値抵抗ラインとして意識される各移動平均線との攻防に注目する必要があります。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 8078阪和興業のリクエスト分析

「いつも大変参考にさせていただいています。同銘柄の決算ですが、為替差損や有価証券評価損がなければ、非常に良い内容に見えます。新規購入を考えていますので、チャートの分析をよろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

長く下降トレンドを形成してきましたが、年明けからは25日移動平均線を意識した動きを見せ下げ渋り感が出ていました。また、昨日の決算発表を受けて上昇したことで、株価はニ番底を形成したかのように見えます。

財務面では、ご指摘のように為替差損や特損として計上した有価証券評価損がありますが、通期売上の見通しについては据え置きとなっているため大きな心配はないのではないかと考えます。

「二番底は黙って買え」という相場格言がありますが、今回は決算直後の上昇ということで、決算材料を消化した後の動きを見極めてからがよいかと思います。

本日、75日移動平均線を上抜けしてきましたが、今後この75日移動平均線が下値支持線として機能していけるか否か、数日中に再度下割れしてくるようですと今回の上昇は一過性の上昇である可能性がでてきます。翌日以降も75日移動平均線を維持できるか、また、今後出来高が大きく急減していくことがないことを確認していくのも重要です。
取引参加者が極端に減るようであれば要注意ですが現在の取引高を維持していくようであれば、信用倍率の高水準も懸念材料ではありません。

以上のことに注意しながら、上昇トレンドを形成できるか確認していきましょう。

カテゴリー: チャート分析 |