東証1部 6178 日本郵政のリクエスト分析

「証券会社から6178の売り出しがあるので購入のお誘いがありました。25日?終値の2%引きでの価格とのこと。配当もいいので迷っております。又は8316 8411を選択すべきかと」とのリクエストをいただきました。

配当が1株あたり50円ですので、配当利回りとしては、たしかに魅力があります。またPERも14倍程度と、それほど高いわけもありませんので、その点からみますと買いやすい株価にあるかと思われます。しかし、上場初値と過去の高値が1600円付近にあり、それが上値の上限となる可能性があります。週足チャートで現状を確認しておきましょう。

週足チャートでは長期の上値抵抗線(トレンドライン)を上抜けているため、中期的な上昇転換の可能性が出てきています。しかし先にもご説明したように、上場初値の1631円と過去の高値の1590円台が上値の抵抗帯となる可能性があります。

現在値が1400円台にあるため、上昇余地はそれなりにはありますが、ここから大きく上昇し続けるほどの値幅は無いかもしれません。配当狙いでじっくりと狙っていくのであれば狙う価値もありますが、1ヶ月以内の短期売買には向きません。週足の直近の動きを見ても、保合い状態にあるため、上にも下にも動かない状況です。

現状では、上昇しても1600円程度が上値となる可能性もありますので、その点を踏まえて検討していただくのがよろしいかと思います。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 2413 エムスリーのリクエスト分析

「証券会社の担当者が注目しておいてくださいと言っています。いかがでしょうか?よろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

7月後半に75日移動平均線(水)を割り込むと、その後も下げ足を強めました。
戻りも限定的となっており、下降基調は継続中です。
上値では、25日移動平均線(緑)が抵抗として意識されており、目先は戻り売りのパターンです。高値・安値を切り下げている間は、買いは見送りでしょう。

もし今後、証券会社の担当者から勧められることがあれば、短期トレード・中期トレード・長期トレード、どういうスタンスで注目なのか、どういうテクニカル的な理由で買いなのかという点を確認してみるとよいかと思います。それを確認しておけば、この先相場が曲がったとしてもご自身で戦略の変更が可能です。

続いて、週足チャートを見てみましょう。

ご覧のように、目先は高値・安値ともに切り下げる展開が続いており、方向は未だ下降です。長期目線では、今年3月の安値2685円、昨年12月の安値2573円が下値のポイントとしてあげられます。この辺りが下値支持となるか否かにまずは注目です。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 6093 エスクロー・エージェント・ジャパンのリクエスト分析

「平均1200円で購入し長い間保有しています。上昇傾向が続いているので有難いのですが、見切りのタイミングが分かりませんのでアドバイス頂けませんか。」と、リクエストいただきました。

それでは、週足チャートを見てみましょう。

チャートの形状を見てみますと、右肩上がりの13週移動平均より5週移動平均線が上、5週移動平均線が上向きでかつ株価がその上にあります。基調は上昇ですので、利幅を伸ばすことも可能でしょう。

ただし、高値圏でありますので継続保有するのであれば、下ブレのリスクを考えながら保有することになります。

目先の下値の焦点は、ご覧の桃色の線(5週移動平均線)の位置する3488円近辺です。上昇トレンドが維持している場合でも、期調整が入った場合この辺りまでの下値リスクは考慮しなければなりません。

もし、利幅が減少することを避けたいのであれば、現段階で益出しを考えらければなりません。

ついで、下値のポイントとなるのは緑色の線(13週移動平均線)の位置する3032円近辺。3000円の節目とともに支持線となるかに注目です。
ココを割れてしまうと、下に空けた窓埋めが意識され、長期上昇パターンが崩れることになります。

下げた場合に、手じまうポイントを明確にしておくことで、漠然と保有するより継続保有しやすくなります。最小利益を確保しつつ、トレンドが崩れない間は保有するご自身のポイントを探してください。

ただ、平均単価1200円で保有中とのことですので、現在3倍以上の利益が出ている計算です。テンバガーを目指すのでなければ、確定してもいい頃合いだと私的には考えます。

カテゴリー: チャート分析 |