東証1部 9432 NTTのリクエスト分析

「最近何故か?!上昇基調ですが、上値のメドは、どう見たら良いのですかね?宜しくお願い致します。」と、リクエストいただきました。

5月15日の決算発表以降、上値試しの展開が続いています。
18年3月期の連結業績予想で、営業利益・純利益とも過去最高益を見込んでいることが好感されました。また、年間配当も前期比30円増の150円となっており、この増配のニュースも支援材料となっています。

それでは、週足チャートを見てみましょう。

ご覧のように、今年1月の高値(5,135円)を上抜け、長く続いた高値保合いをブレイクしてきました。目先は、昨年2月の高値(5,419円)を突破できるか否かが最大の焦点です。仮に、この水準で上値を抑えられるようですと株価水準は高値圏ですので急激な調整に注意が必要です。
しかし、足元の日経平均株価が心理的な節目である2万円を伺う動きとなっていることは支援材料です。大型の株ですので跳ね上がることはないにせよ、日経が大台突破となれば、じわじわと上昇していく展開が予想されます。

続いて、月足チャートを見てみましょう。

2月高値を抜けた場合、ここから先の上値の焦点は99年11月の高値(9,700円)と11年3月の安値(1,610円)の半値戻し(5,655円)となります。「半値戻し」は相場格言などでもいわれるように全戻しにつながると言われています。半分戻ってくることができれば強い相場と考えることもできますが、下で既に買っているようであれば、利食いをいれるポイントと見ることもできます。
半値戻し達成となれば、次の上値のポイントは61.8%戻し(6,609円)。
全体相場が明るく推移することに期待したいところです。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 6741 日本信号のリクエスト分析

「購入を検討していて、様子を見ていたら25日移動平均線を下回って来ました。買いのタイミングはどのように判断すれば良いでしょうか。よろしくお願いいたします。」
と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

転換足は陰転下降中。株価は25日移動平均線(緑)を割込んできています。
短期調整の場合は、この25日移動平均線近辺で反発したとことを狙いますが、現状の状態を確認しますと、ローソク足は陰線で日々安値を切り下げています。そのため、未だ下げ止まりが確認できない状態です。仮に、その下に位置している75日移動平均線(水)を割込んで、その後上値の抵抗となった場合は、「調整」ではなく上昇トレンドが終了し売り転換となりますので注意が必要でしょう。

買いはやや見送り。タイミングは、75日移動平均線を大きく割れることなく、転換足が陽転、RCIも横ばいから9日RCI(桃)が13日RCI(水)をしっかりとGクロスし上昇に転じたことを確認し、下げ止まりをしっかりと見極めてからエントリーされるのがよろしいかと思います。

続いて、週足チャートを見てみましょう。

底値から立ち上がり上昇トレンドを形成してきましたが、5月に付けた戻り高値(1158円)以降は3週連続での陰線となっており、下げ止まりが見えません。今週の高値・安値が、前週のローソク足の高値・安値を、それぞれ切り下げている間は下降継続です。今後は、ご覧の13週移動平均線(緑)、26週移動平均線(水)が下値で支持線として機能していくか否かを見定めていく必要がありそうです。

カテゴリー: チャート分析 |

東証1部 1861 熊谷組のリクエスト分析

「1861熊谷組ですが、購入を検討しています。「押し目買いに押し目なし」といった状況ですが、強気で考えて良いでしょうか。購入のタイミングで迷っています。よろしくお願いいたします。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

4月12日の安値(276円)を起点に立ち上がり、株価は5日移動平均線(黒)を支持線に強い上昇基調となっています。5・10日・25日の各移動平均線も右肩上がりとなっておりますので、調整局面があればこれらの移動平均線をめどに押し目買いを検討することになります。
どの程度の押し目を期待しているかにもよりますが、押し目を待つ場合は、「押し目」と「下降トレンドへの転換」を間違えないことが一番重要です。
10日移動平均線(桃)強い上昇トレンドを大きく割れることがあれば、それは一旦売り場となりますので注意しましょう。

一方、目立った押しも見当たらない状況では、強い相場についていくということも検討できます。押し目を待たない場合は、高値掴みに注意しつつ5日移動平均線を支持線についていくことになります。また、前日の安値と当日の安値、前日の高値と当日の高値を比較し高値・安値とも切りあがっているかを細かくチェックしていきましょう。
また、急騰中は出来高が平時より高水準となっています。出来高が急減するようであれば、上昇一服となります。

続いて、週足チャートを見てみましょう。

昨年7月に付けた戻り高値(344円)を、本日はザラバで一時抜ける動きを見せました。
達成感から一服となる場合、現在高い位置に株価は位置しています。
今週の終値で、確りこの344円を上回って取引を終えることができるかどうかに注目です。
ここから先の上値のポイントは、昨年2月の高値363円。ついで、過去のボックス高値近辺(400円近辺)です。この水準は過去のしこりがあり強い抵抗帯となることが予想されます。リスクをとって短期急騰に乗っても、上値の余地は限定的となりそうです。

カテゴリー: チャート分析 |