1分足を使ったデイトレの見方とポイント

日経平均株価は、保ち合い状態から堅調に上昇しはじめており、個別株も動きが活溌になっています。また決算発表等で好材料が出た銘柄は、買い気配でスタートすることも多く、デイトレのチャンスも増えています。今回は1分足を使ったデイトレの見方とポイントについて見てきましょう。

デイトレにおいて、もっとも株価が大きく動く時間帯は9時の寄り付きから10時の間です。また寄り付き直後は、もっとも売買が活発となり、数分で大きく上昇することも多いです。デイトレでは5分足などもよく見られていますが、今回はより早くタイミングを掴むための1分足を使ったチャートパターンを見てみましょう。

株価が急騰する場合であっても、1分足ではローソク足が陽線や陰線を繰り返していきます。5分足では、なだらかに見えるローソク足も、1分足では相当小刻みに上下しますので、それに振り回されないよう注意しなければいけません。

こちらは、寄り付きから上昇した1分足でのチャートパターンです。わずか15分足らずで株価がいっきに駆け上がっていることがわかりますが、ローソク足をよく見てみると、陽線で上昇したかと思えば、すぐに陰線となり、その後に再び上昇するということを繰り返しながら上昇していることがわかります。これが1分足でのトレードを難しくする要因となっています。この動きによってローソク足で陰線が出ただけ損切りすると、その後に上昇してしまうというパターンにはまってしまう方も多いのではないでしょうか。

転換足は、ローソク足の小刻みな動きの方向性だけを捉えてならした指標ですので、視覚的にも精神的にも大変効果が高い指標です。デイトレでは瞬時の判断が必要なため、見やすく判断しやすい指標を使わなければ勝てません。今回は、このような1分足を使ったデイトレのポイントを動画で解説しましたので、ぜひ御覧ください!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク