5分足でわかる!デイトレの上昇しやすいチャートパターン

日経平均株価は依然として上値が重い状態が続いています。個別株においては、新興小型株が盛り上がっており、特にIPO銘柄などは活況となっています。そこで今回は5分足でわかるデイトレの上昇しやすいチャートパターンについて解説いたします。

デイトレでは基本的には5分足をお勧めしていますが、必ず移動平均線によってトレンドを見極めてから、エントリーする必要があります。移動平均線が右肩上がりで上昇トレンドでスタートした日に関しては、基本的に上昇していきます。また移動平均線を下回ってしまうと、損切りや投げ売りが続くことになるため株価は下がります。

また移動平均線が下向きの下降トレンドで、株価もその下で推移していると、その日は株価が下落していきます。そのため寄り付き直後のローソク足を見ながら、移動平均線の傾きと位置関係を必ず確認する必要があります。その日が上昇する下降するかは、ほぼ5分足の移動平均線のトレンドによって決まります。

ただし買い気配や売り気配で始まり、ギャップでスタートした場合は注意が必要です。移動平均線が上向きで株価もその上から始まったとしてもギャップが大きすぎる場合は、そこから上昇せずに下落する確率が高くなります。デイトレで重要なのは、寄り付きがどこから始まるかをしっかりと確認しててからエントーすることです。

本日は、このようなデイトレの5分足におけるチャートパターンを解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: デイトレ パーマリンク