MACDが買いパターンとなっている銘柄を早めに見つける方法

日経平均株価は先週から上値が重い状態が今だ続いており、個別株も鈍い動きが続いています。今回はMACDが買いパターンになっている銘柄をいち早く見つける方法を解説いたします。

MACDの基本パターンとしてはMACDのラインとシグナルがゴールデンクロスするポイントになります。ここが株価が底打ちした買い場となり、基本的なエントリーポイントとなります。株の達人の銘柄選択機能を使えば、もちろんこういったパターンでの検索も簡単にできます。

ただしMACDがゴールデンクロスしたポイントはどうしても株価が短期的に高くなったところになってしまいます。これはMACDの特性上、やむを得ないのですが、株の達人の銘柄選択を使うとクロスする寸前の状態の銘柄を見つけることも可能です。このポイントであれば株価が上昇するまえのポイントでエントリーできます。

こちらは株の達人の銘柄選択画面となりますが、条件設定を組み合わせることで、ゴールデンクロスする前の状態という条件を作ることが可能です。こちらは応用編にはなりますが、一度作っていただくと、いつでも呼び出して検索することが可能です。今回はこのようなMACDの条件設定の作り方を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 銘柄選び(スクリーニング), MACD パーマリンク