RCIを使った空売りの売買テクニック

日経平均株価は先週から反発していましたが、今週は上値が重い動きとなっており、個別株も戻り売りに押される展開となっています。そこで今回はRCIを使った空売りのテクニックを解説いたします。空売りは株価が下落することで利益となるので、市場が不安定な時にお勧めです。

空売りで狙う際には株価が下落するタイミングで狙う必要がありますが、タイミングを取る際にもコツが必要となります。このチャートパターンのように下降トレンドの銘柄であっても、株価が下落した後に自律反発して上昇し、その後に再び反落してくるという動きが続きます。

このタイミングを取るには、RCIという指標を使うのがお勧めです。RCIは他のオシレーターと比べて、株価の動きに対して忠実に上下するという特徴があります。また株価が一時的に反発するような場合、RCIは高値圏の80%以上まで上昇し、その後に下向きに変わります。そのため、下降トレンドの戻り売りのタイミングを狙う際にも、RCIが高値圏から反落するポイントを狙うのがおすすめです。

今回はこのようなRCIを使った空売りのタイミングのとり方を動画で解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 空売り パーマリンク