パラボリックの効果的な使い方と銘柄の選び方

日経平均株価は28,000円付近で膠着している状態あります。個別株も売られ過ぎの安値圏にあるものの、反発力が弱く、軟調な展開となっています。今回は売買タイミングがわかりやすいパラボリックの見方と銘柄の選び方を解説いたします。

パラボリックはRSIを開発したワイルダー氏が考案した指標です。個人投資家ではあまり使っている人が少ない印象がありますが、株価の上昇と下降の上下のうねりを捉えることができるの非常に便利です。パラボリックはSAR(ストップアンドリバース)と言われる点線が株価よりも上にあれば下落し、下にあれば上昇傾向となります。それでは実際のチャートで見てみましょう。

パラボリックの最大の利点は、売買シグナルが非常にわかりやすいことです。見方としては、SARの点線(値)がローソク足の上に位置していれば下落、下に位置していれば上昇と判断します。このSARの切り替わりが売買タイミングとなります。株価は毎日の上下の動きを繰り返しながら、波動を形成していきます。

株の達人では、パラボリックが買い転換した銘柄を簡単にスクリーニングすることができます。標準条件として条件をあらかじめ用意しているため、設定方法も簡単です。今回はこのようなパラボリックの見方と銘柄選びの設定方法を動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: テクニカル指標, パラボリック パーマリンク