転換足の特徴と買いタイミングになっている銘柄の選び方

日経平均株価は30,000円手前で上値が重くなっており、鈍い動きとなっています。個別株も決算発表などによって好材料が出た銘柄が物色されており、全体的にもトレンドがはっきりとしない状態が続いています。今回は株の達人のオリジナルでもある転換足の特徴と買いタイミングになっている銘柄の見つけ方を解説いたします。

転換足は株の達人のオリジナルのチャートで、赤と青のチャートで色の短期の方向がわかる指標です。基本的な買いポイントとしましては、青から赤に転換したところになり、上昇トレンドの際には上昇する確率が高まります。

このチャートパターンのように移動平均線が上向きの状態で転換足が青の下落となり、押し目形成し、その後に赤に転換すればより上昇する可能性が高まります。特に小型株などで反発後に高値更新すればより、上昇が強まることになります。株の達人ではこのような上昇トレンドで転換足が青から赤に転換した銘柄を見つけることができます。

こちらは株の達人の銘柄選択の画面となりますが、このように条件を選ぶだけで簡単に転換足が買いタイミングになっている銘柄を見つけることができるようになっています。今回はこのようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク