一目均衡表の雲上抜けでわかる上昇銘柄の見つけ方

日経平均株価は9連騰したところから、やや上値が重い展開となっていますが、個別株は上昇転換した銘柄も増えてきています。そこで今回は一目均衡表の雲上抜けでわかる上昇転換銘柄の見つけ方を解説いたします。

一目均衡表は、転換線、基準線、雲、遅行スパンから作られる日本発祥のテクニカル指標です。最も有名なのは、先行スパンによって作られる雲を上抜けると株kが上昇しやすく、雲を下抜けると下落しやすいというシグナルです。

こちらは一目均衡表の雲を上抜けたことで、急騰しているチャートパターンですが、過去の動きを見ても雲を下抜けていると上値が重いか下落が強まっており、雲を上回っていれば上値が軽く株価が上昇傾向になっていることがわかります。また株価が雲を上抜けたポイントでは、明らかに株価の上昇が強まっており、買いポイントとなっていることがわかります。

こちらは株の達人の銘柄選択画面ですが、今回のような一目均衡表の雲を上抜けたポイントの銘柄を簡単に見つけることができます。またザラ場中に銘柄選択をすると、現在の価格でリアルタイムに検索することができます。今回は動画で一目均衡表の雲抜けのパターンを解説しましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 一目均衡表 パーマリンク