MACDによる売られすぎからの下げ止まりの判断方法

日経平均株価は28000円付近での攻防が続いていましたが、戻り売りに押されて徐々に反落傾向となっています。今回はMACDを使った株価が底打ちする際の下げ止まりの判断方法を解説いたします。

株価の下落が続いた場合、どこかで必ず下げ止まることになりますが、この判断方法として、MACDで分析するのがお勧めです。MACDは基本的にはトレンドの転換点を判断する指標ですが、下落からの株価の下げ止まりを判断する際には、MACDとMACDヒストグラムを組み合わせると的確に判断できます。

こちらは株価が下げ止まって上昇したパターンですが、この際にMACDはゴールデンクロスしており、そこから上昇が強まっていることがわかります。またMACDがゴールデンクロスする際に、エントリーするポイントとしてはMACDヒストグラムが0ラインに近づくことで判断できます。ヒストグラムが0ラインを超えてくることでMACDとシグナルがゴールデンクロスするため、エントリーのピンポイントでの判断が可能となります。

また下げ止まりはローソク足と移動平均線だけでも判断できなくはありませんが、MACDとヒストグラムを見ることでより明確に判断することができます。今回はこのようなポイントを動画で解説していますので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, MACD パーマリンク