保ち合い状態から上昇し始めた銘柄の見つけ方

日経平均株価は節目の27,000円を上抜けてきており、保ち合い状態から上抜けてきています。個別株も見直し買いなどで上昇し始めるものも目立ってきています。そこで今回は保ち合い状態から上昇し始めた銘柄のチャートパターンや銘柄の見つけ方を解説いたします。

株価はトレンドは全く発生しない状態になると、高値も安値も更新せずに非常に狭い範囲での動きとなります。この際には短期間の移動平均線から長期の移動平均線までが重なるように収斂していきます。この状態になると、株価は動きが膠着し、エネルギーを貯める時期となります。

このチャートパターンのように、株価が一定幅で推移しはじめて、短期から長期までの移動平均線が重なるような動きとなっていることが確認できれば、保ち合い状態となります。そこから徐々に移動平均線が上向きになり高値を更新できれば、保ち合いブレイクとなり、強く上昇するシグナルとなります。

また株の達人の銘柄選択を使うことで、こういった移動平均線が収れんした状態から上がり始める銘柄を簡単に見つけることができます。標準条件という予め条件設定を用意しておりますので、初めての方でも簡単に設定することができます。今回はこのようなポイントを動画で解説しておりますので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 銘柄選び(スクリーニング), 移動平均線 パーマリンク