有望銘柄の中から買い場になっている銘柄の見つけ方

日経平均株価の上昇に伴い、個別株も多くの銘柄が上昇転換しています。そこで今回は株の達人のお勧め機能でもあります有望銘柄の中から、買い場になっている銘柄を見つける方法について解説いたします。

株の達人の有望銘柄は、チャートや業績から総合的に判断した上で、中長期的に上昇しやすい銘柄を登録しています。しかし現在のように、多くの銘柄が上昇し始めると、有望銘柄に登録される銘柄も増えてきます。

基本的には有望銘柄に登録されている銘柄は上昇トレンドか、または上昇転換しようとしているチャートパターンののものが多いのですが、目先で上昇していて過熱感がある時は、下落調整するまで待ってから仕掛けるのがおすすめです。例えば、オシレーターのひとつであるRCIが安値圏まで下落するのを狙って仕掛けるパターンです。

この銘柄は有望銘柄に9月に登録されていますが、その後の株価が一時的に下落し、9日RCIも同じく下落して下がってきています。ちょうど25日移動平均線付近で下げ止まって反発しましたが、このようなポイントを狙うのがお勧めとなります。

そこで銘柄選択にRCIが低くなった条件を入れて銘柄選択で検索をかけると簡単に見つけることができます。

こちらは銘柄選択の画面になりますが、このように検索をかけるグループを「有望銘柄」に設定し、条件にRCIが「-50%以下」という条件を加えると、上記のようなチャートパターンの銘柄を見つけることができます。銘柄探しを非常に効率よくできるので、ぜひお試しいただければと思います。今回の動画ではこのようなやり方を解説しましたので、ぜひ御覧ください。

 

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), 株の達人の機能のご紹介 |

決算発表に向けた銘柄選択条件の作り方

日経平均株価は22000円を上抜けて年初来高値を更新しており、個別株も活気づいてきています。また国内は今月後半から決算発表の集中時期となります。そこで今回は決算発表に向けた銘柄選択条件の作り方を見ていきましょう。

株の達人では、財務業績の指標を使って銘柄の検索をかけるということができます。また条件設定も自由自在に設定をしてオリジナルの条件を作ることができます。

決算発表では、業績の良し悪しよって大きく上下に動くわけですが、決算発表前に好業績で利益も安定的に出しており、健全な経営をしているような銘柄を絞っておいて、仕込んでおくというのもお勧めの方法です。

こちらは株の達人の銘柄選択画面になりますが、今回設定した条件は以下のようになります。

・売上、経常利益、純利益が5%以上増えている

・PERが15倍以下、PBRが2倍以下

・ROEが10%以上

・配当利回りが3%以上

これらの条件で設定すると、それに合致した銘柄を絞り込むことができます。もちろん各設定値は自由自在に変更できます。

この条件であれば、業績が安定して増えており、割高ではなく、健全で効率のよい経営をしている銘柄を選び出すことができます。本日であれば東証1部で24銘柄が検索されます。あとは選ばれた銘柄をチャートで確認していきながら、大きく急騰していないものを見つけて、決算発表に向けて仕込んでおくのも良いかもしれません。

このように、株の達人の銘柄選択を使うと、効率よく銘柄を絞り込むことができます。今回の動画ではこのような銘柄選択の設定方法を解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

 

カテゴリー: 決算, 銘柄選び(スクリーニング), 財務業績(ファンダメンタル) |

テーマ別グループの中から銘柄を絞り込む方法

日経平均はNY市場や為替の動きに左右され、方向性が定まらない状況となっています。今回は人気化しそうな銘柄を効率よく選ぶために、テーマ別グループに登録されている中から銘柄を絞り込む方法を解説いたします。

株の達人に新しく追加されたテーマ別グループは、注目度が高いテーマごとに銘柄が登録されており、チャートで簡単にチェックすることができます。ただし、このテーマ別グループには、約30銘柄~50銘柄程度登録されており、その中から銘柄を選んでいくには時間もかかります。そこで銘柄選択の条件を使うことで、数多くの銘柄の中から数名柄まで絞り込むことができます。

設定方法は簡単で、銘柄選択画面の右側に「テーマ別」というグループがあるので、そこをクリックして探したいテーマをクリックして設定します。つぎに左上の条件の中から、探したい標準条件を選びます。例えば「ソーシャルゲーム」の銘柄群の中から、「上昇トレンド押し目買い」となっている銘柄を絞り込むということができ、銘柄選びが効率よくできます。

テーマも最新の人気のあるものに週1回更新されますので、動きが良い銘柄や人気化しそうな銘柄も見つけることも可能です。チャートのパターンも、上昇トレンドの初動の形や、大幅売られ過ぎの状態など、様々なパターンで検索できます。

今回は、このようなテーマ別を使った銘柄選択の方法を解説いたしましたので、ぜひ御覧ください。

 

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング), テーマ別分類, 株の達人の機能のご紹介 |