スイングトレードで利益を上げる考え方とポイント

日経平均株価は23000円台を維持したまま高値圏で推移しています。またTOPIXに関しても1700ポイント付近で推移しており、個別株も上昇傾向となっています。今回は、株の達人を使ったスイングトレードをわかりやすく解説したお勧め動画をご紹介いたします。

株価の値動きというのは、常にわかりやすく上昇と下降を繰り返しているわけではありません。転換足が青から赤に転換した場合でも、そのまま上昇する場合もあれば、勢いが弱く上昇していかない場合もあります。

そこで重要な考え方となるのが、トレンドが続いている限りは、上昇する可能性がまだ残っており、たとえ1、2回損切りになったとしても、諦めずにエントリーすることで、大きな利益を掴むことができるということです。

このように、上昇トレンドが続いていた銘柄が、一時的に保合い状態になったりすると転換足がダマシとなってしまうこともあります。しかし例えば25日移動平均線を株から下回らなければ上昇トレンドは続いているため、ダマシの後の転換点で大きく上昇していることがわかります。

また75日移動平均線も上向きの上昇トレンドの状態にあるため、中期的なトレンドも崩れていません。そのため一時的上昇力が鈍ったとしても、その後に上昇していく可能性が高いといえます。どのようなテクニカル分析であっても、ダマシを100%防ぐことはできません。そのため転換足で買った直後に損切りになっても、25日移動平均線の上昇トレンドが続いているのであれば、再度エントリーしていくことが大切です。

そこで今回は、このようなスイングトレードで利益を上げる重要なポイントを解説した動画をご紹介いたしますので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: スイング |

ザラ場中に好材料で急騰している銘柄を見つける方法

日経平均株価は大台23000円を超えて上昇しており、個別株も活気づいています。また今週も決算発表集中時期のため、大きく動き出す銘柄も増えています。そこで今回はザラ場中に好材料で急騰している銘柄を見つける方法を解説いたします。

株の達人の銘柄選択は、条件を設定することで全銘柄の中から検索をかけることができる機能です。また設定を当日にすることで、ザラ場中のリアルタイムで検索をかけることができます。これを使えば、ザラ場のリアルタイムで好材料で急騰している銘柄をすばやく見つけることができます。

こちらは銘柄選択の画面ですが、このように基準日を「当日」に設定することで、「実行」を押した時点での検索をすることができます。好材料で上昇している銘柄を見つける場合には、予め用意されている「出来高急増注目銘柄」がおすすめです。条件の一覧の中から、選ぶだけなので操作方法も簡単です。

こちらのチャートはザラ場で急騰している銘柄の日足チャートですが、出来高を伴って大きく上昇して高値を更新していることがわかります。これをザラ場の間で見つけることができれば、上昇トレンドの初動に乗るということもできます。またデイトレ銘柄を見つける際にもおすすめです。

今回このような銘柄選択の方法を動画で解説していますので、ぜひ御覧ください。

カテゴリー: 銘柄選び(スクリーニング) |

デイトレにおける5分足のトレンドの見方と注意点

日経平均株価は高値で23000円を付けましたが、同時に過熱感も強まっています。また現在は決算発表集中時期ということもあり、1日の値動きが活発になっている銘柄も多くあります。そこで今回はデイトレにおける5分足のトレンドの見方を解説いたします。

デイトレでは5分足をお勧めしていますが、必ず移動平均線によってトレンドを見極めてから、エントリーしなければいけません。これは日足でのトレンドの見方と同じですが、移動平均線が右肩上がりで上昇トレンドであれば、当日は基本的に上昇していきます。移動平均線を下回ってしまうと上昇は終わりますが、トレンドが続いている限りは上昇が続きます。

また逆に移動平均線が下向きの下降トレンドで、株価もその下で推移していると、当時は株価が下落していきます。そのため寄り付きからのローソク足を見ながら、移動平均線の傾きと位置関係を必ず確認しながら見ていく必要があります。

当日の寄り付きから上昇する下降するかは、ほぼ5分足のトレンドで決まります。もちろんギャップダウンで始まってから切り返して上昇するというパターンもありますが、どちらかといえばイレギュラーです。

ただしこのトレンドで見る場合は、買い気配や売り気配で始まり、大きく窓開けした場合は注意が必要です。移動平均線が上向きで株価もその上から始まったとしても窓開けが大きすぎる場合は、そこから上昇せずに下落する確率が高くなります。デイトレで重要なのは、寄り付きがどこから始まるかをしっかりと確認しててからエントーすることです。

今回は、このようなデイトレにおけるトレンドの見方と注意点を動画で解説いたしました。

カテゴリー: デイトレ |