ジャスダック 6324 ハーモニック のリクエスト分析

「漸く戻しつつありますが、なかなか買値の平均6000円に届きません。貸借倍率から見て上昇を期待しておりますが、今後の展開についてアドバイス下さい。」と、リクエストいただきました。

それでは、日足チャートを見てみましょう。

25・75日移動平均線は200日移動平均線を下回る状態ですが、10日・25日移動平均線はそれぞれ75日移動平均線をゴールデンクロスしていますので、上昇の初動の段階とみることができます。

ただ、上方には200日移動平均線が上値抵抗線として4000円の大台近辺に位置していますので、まずはこの200日線との攻防に注目です。

年末の下降(12/4高値:4210円から1/4安値2730円)から、反発を見せた局面で売残が増加してきています。このため、戻り売りを狙っていた向きは4000円の大台に乗せてきたことで警戒感が台頭しています。

上値の抵抗として機能している200日線並びに12/4の高値を突破していく動きが見られるようですと、踏み上げ期待も高まります。仕掛け的な買いがでてくる可能性もあるでしょう。

ただし、4000円の大台並びに短期的な支持線として機能している10日移動平均線を大きく割り込むようですと、失望売りから保合い相場がしばらくつづくことも考えられます。200日線の攻防を見極めましょう。

下段のSRV-K・D(オシレータ系の指標)を見てみましょう。高値更新している間は高い水準で横ばいをみせますが、80割れから下方向の動きを見せるようですと注意が必要です。トレンド系の指標と合わせてチェックしてみてください。

なお、6000円の買値付近までに戻すには、長期的な展望が必要です。25日移動平均線を下値支持線に上昇基調を維持できるかどうかを確認していきましょう。

カテゴリー: チャート分析 パーマリンク