チャート分析 株価分析ソフト 株の達人

株の達人

株の達人の無料お試し・ご入会はコチラ

ボリンジャーバンドの見方・使い方

ボリンジャーバンドとは、株価の勢いの変化や反転の目安、方向を見る指標です。
一定期間のデータの標準偏差(シグマ=σ)を算出し、移動平均線に対してシグマの1~3倍を加算したものをボリンジャーバンドの+1σ~+3σ、減算したものをボリンジャーバンドの-1σ~-3σとして表示します。
株価の値動きが激しくなるとバンド幅が拡大、値動きが小さくなるとバンド幅が縮小する傾向にあります。

ボリンジャーバンドで売買ポイントを判断する場合は、値動きが激しくなっても、緩やかになっても、移動平均線を中心にした上下のバンドに向けて株価が上下するまたは、上下のバンドを大きく突破しないという特徴を利用します。
ボリンジャーバンドの±1σの範囲内に収まる確率・・・約68.3%
ボリンジャーバンドの±2σの範囲内に収まる確率・・・約95.4%
ボリンジャーバンドの±3σの範囲内に収まる確率・・・約99.7%

ボリンジャーバンドの使い方は?動画でご紹介

銘柄選択を使ったボリンジャーバンドの買い銘柄の選び方と、買いポイントを見つけるコツを解説いたしました。


※動画が見られない方は http://youtu.be/8Jp8MF6U4eM をご覧ください。

ボリンジャーバンドのもう一つの見方でもある、売られ過ぎた銘柄を狙った逆張りの買いポイントと、銘柄の選び方を解説いたしました。


※動画が見られない方は http://youtu.be/dwh_AFDfJ8k をご覧ください。
※youtube動画の再生には、スピーカーもしくはヘッドホンが必要です。
スピーカーもしくはヘッドホンがない(音声を再生できない)状態で再生しますと、エラーが発生して動画が再生できない可能性がございます。

動画の再生に関する問題は、下記youtubeヘルプをご参照ください。
https://support.google.com/youtube/topic/3014746?hl=ja&ref_topic=3014327

★他にもボリンジャーバンドを活用した売買テクニックを動画でご紹介しております!
株の達人を使って、ぜひ実践してみてください。無料お試しサービスもございます!
→ボリンジャーバンドを活用した売買手法(株の達人・動画解説)

ボリンジャーバンドの売買ポイント

逆張り手法

±1~±3σを各々下値支持線や上値抵抗線と考え、株価が-1~-3σにきた時に買いポイント+1~+3σにきた時に売りポイントとみます。

順張り手法

±2~±3σを超えて推移した時は、これまでのトレンドが転換した可能性があるので、-2~-3σにきた時は売りポイント+2~+3σにきた時は買いポイントとみます。

ボリンジャーバンドの特徴

ボリンジャーバンドはリスクの範囲を示します。

  • 株価はボリンジャーバンドの中で推移することが原則です。そのバンドから逸脱する株価は、売られ過ぎ・買われ過ぎのシグナルとなります。
  • 株価がボリンジャーバンドを逸脱する時は相場の前提条件に大きな変化があったり、突発的事象がある場合があります。またトレンドに大きな変化の可能性もあります。
  • ボリンジャーバンドの収縮状態が長く続き、その後株価がバンドを突き抜けると、トレンド転換の可能性が高いといえます。
  • ボリンジャーバンド自体がトレンドとなり上値抵抗線下値支持線を示します。
  • ボリンジャーバンドの形状は株価の状況を表します。バンドが収縮しているときは株価はボックス圏で推移しています。バンドが拡大しているときは、大きなトレンドを形成しているといえます。
  • ボリンジャーバンドはマーケット参加者のポジション状態を表します。
    トレンドが一方に傾くと、マーケット参加者心理は徐々に不安になります。すると、上昇相場であれば利食いが大きくなり、下落相場であれば安値買いが多くなり、結果そのトレンドは徐々に弱まり、ボリンジャーバンドの収縮が起こります。次に株価がこれまでのトレンドと反対方向に動くと一気に移動平均方向へ調整が起こります。

ボリンジャーバンドの注意点

【1】上記に述べたボリンジャーバンドの各シグマ(σ)内に収まる確率を信じ過ぎることは、株価予測を誤る原因になります。
標準偏差の数値は、設定した期間内の移動平均線で算出されたもので、限定的な過去のデータを元にしていますので、将来の株価がそれによって拘束されるのものではありません。ですから、±3σを逸脱することもあります

【2】株価の推移が一定のレンジで動いている場合、バンドの上端付近を「売りサイン」下端付近を「買いサイン」として利用するのが一般的です。(逆張り手法)
しかし、株価の推移が一定のレンジ相場から逸脱した場合、バンドの上端突破を「買いサイン」下端突破を「売りサイン」として利用します。(順張り手法) つまり、株式相場動向によって「順張り手法」と「逆張り手法」と逆になるのでトレンドを把握することが大切になります。

ボリンジャーバンドの注意点をチャートで解説

ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた売買パターン

ボリンジャーバンドは、株価の勢いの変化や反転の目安、方向を確認できますが、これに株価の変動幅から、買われ過ぎ、売られ過ぎを判断できるオシレーター系指標RSIを組み合わせることで、より確率を高めることができます。

RSIとは、直近の一定期間において終値ベースで上昇変動と下落変動のどちらの勢いが強いのか計測しようとする指標です。直近n期間の各時点における終値ベースの変動幅、つまり、上昇幅の累計と下落幅の累計を合計し、そのうち上昇幅の累計が全体の何%を占めているのかを示しています。
通常、RSIが70%以上であれば買われすぎ、逆にRSIが30%以下であれば売られ過ぎであると判断します。
このRSIを組み合わることで、ボリンジャーバンドではわからない、株価の変動幅による売られすぎという要素も加わるため、下げ止まりの確率を高めることができます

買いポイント

  • 株価がボリンジャーバンドの-2σ以下まで下落
  • 同時にRSIが30%以下にあるのを確認してエントリー

利益確定の目安

  • 株価がボリンジャーバンドの+2σに到達
  • またはRSIが70%以上になった場合

ボリンジャーバンドとRSIを組み合わせた売買パターン

ボリンジャーバンドの実践的な活用法を動画でご紹介

ボリンジャーバンドとオシレーター系のテクニカル指標RCIを使った逆張りのテクニックを解説。
株の達人の機能を使えば、ボリンジャーバンドを実践で取り入れるのもカンタンです!


※動画が見られない方は https://youtu.be/YdCTceIMJVI をご覧ください。

無料でお試し!様々なテクニカル指標を実際の株の達人で試してみるチャンス!

1ヶ月間無料で会員の方と同じサービスをご提供。株の達人で自分にあった指標を見つけ、チャート分析を極めよう!
株の達人の無料お試し詳細はコチラ

▲ ページ先頭へ

お問い合わせお問い合わせは
株式会社ストック・データバンク まで
(営業時間:平日9:00~18:30 土日祝休み)
03-3204-3727
staff@kabutatu.info FAX:03-3204-3691
ブックマークに登録:
はてなブックマークに追加 kabunotatujinをフォローしましょう 
一つ前に戻る | ホームへ