数日で急騰する銘柄の見分け方

新年明けましておめでとうございます!今年の大発会は大幅に上昇し、また昨年12月の高値も更新して強く買われている状況です。

昨年の大発会では大幅下落してのスタートでしたので、今年はこれをきっかけとして、上昇を期待したいところです。

本日は、急騰する小型株の見分け方についてです。昨年末頃から小型株を中心に急騰株が増えてきています。数日で2桁以上の値上がり率で上昇する銘柄も見られます。
今回は、そのような短期間で急騰する銘柄の見分け方をご紹介します。

20170105-1
急騰する銘柄には、いくつかの特徴があります。まずいつもご説明しているように出来高が急激に増えることです。これによって、これまでまったく注目されていなかった状態から、一斉に投資家の関心が高まります。

次に前日比で大幅上昇し、保合いまたはボックスの高値を超えていること。株の格言に、「株は高値を超えずして高くならない」という格言がありますが、高値を超えるということは大変重要なことです。急騰銘柄を見分けるには、高値を超えてからでも十分に間に合います。逆に言えば、高値を超えなければ急騰するかどうかわからないといえます。

また直前で、株価が一定の値幅で上下するようなボックスの状態にあることも大事な要素です。このボックスの値幅は、小幅でも良いですし、ある程度値幅があっても問題ありません。このボックスの期間が長いほうが、より上昇した際のインパクトが大きくなります。

今回は、このようなポイントを動画で解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類   パーマリンク