短期スイングトレードで資金を回転させるコツ

本日は、短期スイングトレードにおいて、効率良く資金を回転させるコツについて見てみましょう。スイングトレードは数日から1ヶ月程度を言いますが、保有期間を短くすることで効率よく資金を増やすことができます。実際にチャートで見てみましょう。

株を長く保有すると、かならず下落調整する場面に遭遇します。下落や保合いなどの局面では評価益も減るだけでなく、その間は何もすることができず、投資効率が悪くなります。短期のスイングトレードは、上昇する過程で利益を狙っていき、調整期間は別の銘柄に乗り換えるということを繰り返して、効率よく資金を回転させることが大切です。

チャートで見ると一目瞭然ですが、長く持ち続けた場合と、何回もトレードした場合では、明らかに資金増え方が違います。また短期スイングトレードでは、株価の方向が変わったり、動きが鈍った場合は、すぐに手仕舞って、銘柄を切り替える必要があります。

株の達人の登録機能で、強い上昇トレンドが続いている銘柄を登録しており、常に銘柄をウォッチできるようにしておくと良いと思います。株の達人では、銘柄をすばやく切り替えることが出来ますので、チャンスを見逃すことがありません。

本日は、このようなポイントを動画で解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

カテゴリー: 未分類 パーマリンク