1分足を使ったデイトレのテクニック

デイトレでは、一般的に5分足が使われることが多いかと思います。今回は分足の中では最も早い1分足を使った売買テクニックを見てみましょう。よくお問い合わせいただくのが、1分足と5分足のどちらが良いかというご質問です。しかしデイトレにとって、どちらが良いというものはなく、売買のスタンスによって違って、使い分ける必要があります。

例えば5分足は、1分足の小さな値動きをならすことで、上昇または下降のトレンドに付いていきやすくなります。その分、5分足は1分足に比べて反応が遅くなります。では、1分足の利点はというと、反応の速さにあります。つまり株価が急に方向転換したときにも、1分足であれば反応が早いため間に合います。

このチャートパターンのように、1分足で有効なのは、株価が急落した後の反発するパターンです。この逆張りエントリーの場合、5分足では到底間にありません。また1分足でもローソク足を見てしまうと、判断に迷いがでるため、転換足を見るのがお薦めです。

今回は、このような内容で動画を解説いたしましたので、ぜひご覧ください。

※動画でも使用しております分析ソフト・株の達人では「デイトレウォッチャー」という起動しておくだけで、デイトレに適した銘柄をリアルタイムスクリーニングで一覧表示するソフトのサービスを開始しました!
株の達人をご利用のお客様、お試し中の方は、無料でご利用いただけます。
→デイトレの銘柄選びはソフトを起動するだけ!デイトレウォッチャー

株の達人ソフト・無料お試しサービスで体験してください!

カテゴリー: 未分類 パーマリンク