出来高でわかる短期間で急騰する小型株のパターン

日経平均株価は、22000円を上回り非常に強く上昇しています。個別株も幅広く買われており、市場全体も活況となってきています。そこで本日は出来高でわかる短期間で急騰する小型株のパターンについて解説します。

最近では相場全体が活況になる中で特に新興市場などの小型株の上昇が目立っています。特に短期間で急騰するような銘柄には、初動の動きに特徴があります。まずはチャートで確認してみましょう。

このチャートパターンにあるように、何かの材料などをきっかけとして、出来高が全く少ない状態から突然急増する日があります。それまでは全く注目されていなかった状態から、突如一斉に投資家が気が付いて買いが殺到しています。このような出来高が急増したと同時に株価が上昇すると、ランキングや高値更新銘柄に入ってくるため、後から買いが断続的に入ってくることになり、短期間で急上昇しやすくなります。特に新興市場などの小型株によく見られるパターンです。

もちろん値動きが激しいため、リスクも高くなりますが、その分上昇の初動に乗ることができるので、大きなリターンも期待できます。また株の達人では、このような銘柄を簡単に見つけることもできるようになっています。今回はこのような出来高急増の上昇パターンを動画で解説いたしました。ぜひご覧ください。

カテゴリー: テクニカル指標, 銘柄選び(スクリーニング), スイング, 出来高 パーマリンク